世界のグレープフルーツ(文旦含む)の産地 ランキング

どの果物がどの国で多く作られているのかがわかるコーナーです。果物名をクリックすると、生産量の多い国ランキングがグラフや表で表示されます。

2016年 グレープフルーツ(文旦含む)

トップは約452万トンを生産する中国で、2位はアメリカです。グレープフルーツといえばアメリカが有名ですが、この統計では「文旦」も含まれているため、全体の4割以上を中国が占めています。ただ、なぜか文旦を栽培している日本はランクインしていません。日本の文旦の収穫量は約1万1000トンで、文旦の仲間である河内晩柑は約8700トン、晩白柚は約760トン出荷されています。また、甘夏(約36万5000トン)やはっさく(約3万6000トン)も文旦から生まれた柑橘です。なお、国内産グレープフルーツも生産されていて、2015年の統計によると約11トンの収穫量があります。

出典:FAOSTAT(2016年)

この統計データに記載されている果物名は、サイト管理人が推測したものが含まれています。推測が正しいとは限りませんのでそれを踏まえたうえでご覧ください。またそれぞれの国によって統計の調査方法も異なります。