世界のグレープフルーツ(文旦含む)の産地 ランキング

どの果物がどの国で多く作られているのかがわかるコーナーです。果物名をクリックすると、生産量の多い国ランキングがグラフや表で表示されます。

2018年 グレープフルーツ(文旦含む)

トップは約493万トンを生産する中国で、2位はベトナム、3位はアメリカです。中国やベトナムが上位にいることからこの統計には「文旦」も含まれているものと考えられますが、なぜか日本はランクインしていません。日本の文旦の収穫量は約1万2730トンあり、文旦の仲間である河内晩柑は約1万709トン、晩白柚は約875トンの収穫量があります。また、甘夏(約3万2248トン)やはっさく(約3万3747トン)も文旦から生まれた柑橘です。国内産グレープフルーツも栽培されていて約25トンの収穫量があります(いずれも2017年の統計値)。

出典:FAOSTAT(2018年)

この統計データに記載されている果物名は、サイト管理人が推測したものが含まれています。推測が正しいとは限りませんのでそれを踏まえたうえでご覧ください。またFAOのデータは随時更新されているため、ここに掲載している値とFAOの値が必ずしも一致しているとは限りませんのでご注意ください。