旬の果物

今が旬の果物は、いちご、かき、西洋梨、りんご、みかん(早生)、みかん(普通・晩生)、キウイフルーツ(国内産)、ゆずなどです。下の写真をクリックまたはタップするとその果物の紹介ページに移動します。

果物図鑑

果物図鑑(フルーツ図鑑)では、さまざまな果物の歴史や選び方、保存方法、栄養と効能、品種などをまとめています。シーズンごとに果物を絞り込みたい場合は下のボタンを押してください。

果物ブログ

登録日:2021年11月28日

盛田温州

盛田温州

先日、「盛田温州(もりたうんしゅう)」というちょっと珍しい品種の温州みかんを購入しました。1980年(昭和55年)に品種登録されたみかんなのですが、生産者が少なくあまり出回っていません。

盛田温州

盛田温州の来歴は、佐賀県の盛田氏が「宮川早生」の枝変わりとして発見。発見者の名前から盛田温州と命名されたそうです。大きな特徴は、果皮がつるつるとして滑らかなこと。一般的なみかんは果皮の小さなツブツブの部分がわずかに凸凹としてますが、これは表面がツルンとしています。

盛田温州

そしてもう1つの特徴が浮き皮しにくいということ。温州みかんは皮が実から離れやすく、場合によっては少し隙間ができることもあります。しかし盛田温州は皮が実にピタっとくっついているのです。

盛田温州

この盛田温州は、大きさがS~Lサイズまでまちまちで、果皮にうっすら黄緑が残っている状態。また、ひと目見た瞬間に「皮がつるつる!」と思ったのですが、触ると本当にすべすべとしています。そして特徴通り、皮は隙間なく実にくっついていてむきにくそう……と思ったら、それほど皮離れは悪くありませんでした。

盛田温州

食べてみると、しっかりと甘味があって酸味はやや強め。じょうのう膜(薄皮)は薄く、果汁を多く含んでいて、1房口に入れるとキリっとした甘酸っぱさが広がっていきます。これが盛田温州の平均的な味かどうかはわかりませんが、個人的にはこのくらい酸味があるものも好きです。

さらに調べてみると、盛田温州の収穫時期は11月中旬頃からなのですが、12月頃まで貯蔵して酸味を少し抜いたほうが味がよくなるのだとか。今回のものは少し早出しでやや酸味が効いていたのかもしれませんね。でもこれはこれでおいしかったです。

過去のブログを見る

果物写真

  • 太秋
  • ぐんま名月
  • 南柑20号
  • デイジーマンダリン
  • こうこう
  • 栗(花)
  • グランドチャンピオン
  • 昴林
  • かりん
  • 西条
  • 太秋
  • ぐんま名月
  • 南柑20号
  • デイジーマンダリン
  • こうこう
  • 栗(花)
  • グランドチャンピオン
  • 昴林
  • かりん
  • 西条

当サイトがこれまで撮影してきた果物の写真です。 「果物図鑑」のページでは紹介していない果物の写真もあります。 現在、17004枚の果物写真を掲載中です。大きい写真をクリックまたはタップすると、関連する果物の写真が見られます。

旬カレンダー

旬の果物(出回り時期)が一目でわかる旬カレンダーです。下の月を押すとその月に多く出回る果物を確認できます。

果物狩り

果物狩り(野菜収穫)ができる農園や果樹園を検索できるページです。リンゴやイチゴ、ぶどう、桃など全国の農園・果樹園を紹介しています。

果物統計

国内産果物の「作付面積」「収穫量」「出荷量」を年ごとに比較できるようにまとめたグラフです。

栄養成分表

果物の栄養成分をまとめたページです。一覧表のほか、栄養素ごとのランキングもあります。

果物と健康

果物と健康について解説したページです。

果物コラム

果物にまつわる話を集めたコラム記事です。

果物ナビとは

フルーツの栄養成分や効能、品種による味の違いや特徴などを紹介する果物情報ページです。

ブラウザによっては表示が崩れる場合があるので最新のブラウザでご覧ください。

facebook

果物ナビ

Twitter

果物ナビ