世界のバナナの産地 ランキング

どの果物がどの国で多く作られているのかがわかるコーナーです。果物名をクリックすると、生産量の多い国ランキングがグラフや表で表示されます。

2016年 バナナ

日本ではバナナといえばフィリピンですが、生産量の世界一はインド(約2914万トン)です。2位は中国で3位はインドネシア。フィリピンは6位に入っています。もう1つ日本人になじみ深いのは台湾ですが、その台湾は44位に入っています。日本は36トンで128位。ちなみに農林水産省の統計では約162トン(2015年)の収穫量となっているので、FAOの統計の値とは異なります。

出典:FAOSTAT(2016年)

この統計データに記載されている果物名は、サイト管理人が推測したものが含まれています。推測が正しいとは限りませんのでそれを踏まえたうえでご覧ください。またそれぞれの国によって統計の調査方法も異なります。