かりん(花梨)の食べ方・活用方法は?

スライスしてハチミツ漬けや果実酒(かりん酒)に

かりん(花梨)は10月から11月頃が旬の果物。生のままだとかたくて渋みがあるため、ハチミツ漬けやかりん酒などにするのが一般的です。

作り方は、かりんを水洗いしてよく水気をふき取り、スライスしてハチミツやホワイトリカー(+氷砂糖)などに漬け込むだけです。期間はハチミツ漬けは1か月から3か月、かりん酒(花梨酒)は6か月から1年ほどが目安。お湯などで割って飲むと甘くてかりん特有の香りが楽しめます。

なお、漬け込むときは皮のままで、種も一緒に入れます。漬け込んだら冷蔵庫または冷暗所に置いておき、ときどき瓶を揺すって全体にかりんのエキスを回します。中の果実は、ハチミツ漬けは1か月か2か月くらいで、かりん酒は6か月くらいで取り出しましょう。その際、茶こしなどでこすと種などがきれいに取り除けます。

ちなみに、かりんは風邪予防やのどの痛み止めなどによいとされています。これはかりんに咳止めや炎症を抑えるアミグダリンという成分が含まれているからです。

※保存用の瓶は煮沸するなどして消毒しておきましょう。煮沸する場合は水の状態から加熱します。また、かりんの果実はかたいので、カットするときは手を切らないよう注意してください

材料の一例
<かりんのはちみつ漬け>
かりん:適量
はちみつ:かりんが瓶の中で浸るくらい

<かりん酒>
かりん:500gくらい
氷砂糖:100gくらい
ホワイトリカー:900mlくらい