果物図鑑

関連コラム その3

いちごやメロンは野菜なの?

いちごやメロンは野菜なの?

果物栄養成分トップ5

βカロテン

あんず

あんず  約1400mcg

パッションフルーツ

パッションフルーツ  約1100mcg

すいか

すいか  約830mcg

マンゴー

マンゴー  約610mcg

グァバ

グァバ  約580mcg

このデータは?
栄養成分表

果物に含まれる栄養成分のトップ5をランダムで表示しています。値は100グラム当たりの含有量。詳しくは栄養成分表のページへ

スイカ

その他の品種

ペイズリー
ペイズリー
黒太陽
サマーオレンジベビー
このデータは?
果物ブログ

果物ブログのページで紹介している品種です

野菜ナビ

すいか 西瓜 Watermelon

基礎データ DATA

分類:ウリ科スイカ属
原産地:アフリカ地方
季節の分類:夏
多く出回る時期:5月~8月頃
国内の栽培面積:約1万1,300ヘクタール(2012年)
国内の年間出荷量:約31万6,200トン(2012年)
主な産地熊本県(約15%)、千葉県(約12%)、山形県(約10%)

スイカの概要

夏の風物詩の1つ「スイカ」。よく冷えたスイカの甘い果汁とシャリシャリッとした食感は、暑さで疲れた体を癒してくれます。丸い大玉スイカや小玉スイカだけでなく、ラグビーボールのような形のものや、果皮が黒い「でんすけ」、果皮が黄色い「太陽スイカ」などスイカの種類はさまざま。ディスプレイ用として三角形や四角形のユニークな形のスイカも作られています。

※農林水産省ではすいかやメロン、イチゴを「果物」ではなく、「果実的野菜」として分類していますが、ここでは果物として紹介します

目次に戻るこのページの先頭に戻る

スイカの歴史

スイカは紀元前5000年にはすでに南アフリカで栽培されており、3000年前のエジプトでも栽培が行われていました。10世紀には中国に伝わり、日本には16世紀後半頃に渡来したといわれてます。

目次に戻るこのページの先頭に戻る

スイカの見分け方(選び方)

見分け方

果皮に張りがあり、緑と黒のコントラストがハッキリとしていて、ツルとは反対側のお尻の薄茶色の部分(果頂部)が小さいものがよいスイカといわれます。ツルが茶色くなっているのは収穫してから時間が経ったものです。ツルがカットされている場合は、へたの周りが少しへこんでいるものを選ぶとよいでしょう。また音では判断しにくいですが、叩いた時に「ボンボン」という響く音がすればシャキッとしていて、「ボタボタ」と鈍い音がすれば熟れすぎです。

カットスイカは種が黒く、果肉部分の赤と果皮の白色の境目がはっきりしているものがよいでしょう。

目次に戻るこのページの先頭に戻る

スイカの保存方法

糖度分布

スイカは味が落ちやすいので、購入したらなるべく早く食べるようにしましょう。食べきれない場合、玉のスイカは風通しのよい日陰で保存、カットスイカはラップをして冷蔵庫の野菜室で冷やします。

イラストはスイカの糖度分布です。スイカは中央部が甘く、皮に近い部分は甘みが落ちます。中央部が均等に行き渡るよう、放射線状にカットするとよいでしょう。

目次に戻るこのページの先頭に戻る

スイカの栄養と効能

主な栄養成分(可食部100g中)

カリウム(120mg)、βカロテン(赤肉スイカ:830mcg)

注目成分

シトルリン

主な効能

むくみ解消、利尿作用、高血圧予防動脈硬化予防脳梗塞予防心筋梗塞予防がん予防

すいかはカリウムやアミノ酸の一種である「シトルリン」の作用により、むくみや利尿作用に効果があるといわれます。この成分は特に皮(白い部分)に多く含まれるので皮を炒め物などにすると効果的です。カリウムには血圧の上昇を抑える働きもあるので高血圧化予防にも効果が期待できます。

また赤肉すいかの色素にはカロテノイドのβカロテンとリコピンが含まれていて、がんや老化を予防する抗酸化作用があるとされます。

より詳細な栄養成分については、「栄養成分(グラフ)」もしくは「栄養成分(一覧表)」に掲載しています。

目次に戻るこのページの先頭に戻る

スイカの種類

大玉すいか

大玉すいか

ポピュラーなスイカで、甘くてシャリっとした歯触りのよい食感が楽しめます。主な種類としては「縞王」や「富士光」、「早生日章」、「甘泉」、「祭ばやし」などがあります。 重さは平均3~5kgで大きいものでは7~9kgにもなります。

目次に戻るこのページの先頭に戻る

小玉すいか

小玉すいか

サイズが1.5~3kgと小さく冷蔵庫に入れやすいスイカです。外見や味は大玉と変わりませんが、果皮が薄いので可食部分が多く甘みもあります。主な種類に「紅小玉」や「ひとりじめ」、「姫甘泉」などがあります。

目次に戻るこのページの先頭に戻る

黄色すいか

黄色すいか

果皮が緑で果肉が黄色のスイカ。クリームスイカともいわれます。かつては甘さが控えめでしたが、最近のものは糖度が高くシャリシャリとした歯触りが楽しめます。種類としては大玉で皮が黒い「おつきさま」のほか、小玉の「おおとり」や「ひまわり」などがあります。

果物ブログ

目次に戻るこのページの先頭に戻る

マダーボール

マダーボール

ラグビーボールのような楕円形のスイカで皮が薄く甘みがあります。大きさは2~4kgの小玉です。同じような形の種類に「姫まくら」、「紅まくら」などがあり、さらに皮が黒い「黒美人(はちきん)」もあります。

果物ブログ

目次に戻るこのページの先頭に戻る

でんすけ

でんすけ

深緑色の表皮を持つ一風変わったスイカで、みずみずしい真っ赤な果肉はシャリッとした食感で美味。高級スイカとして贈答品にもよく利用されます。出荷時期は7月上旬~8月中旬頃。似たような黒いスイカに「ダイナマイトスイカ」もあります。

果物ブログ

目次に戻るこのページの先頭に戻る

角形すいか

角形すいか

その変わった風貌から一躍有名になった「四角スイカ」と「三角スイカ」。四角スイカはたまにお店で見かけることがありますが、三角スイカはほとんど見かけません。もしどうしても三角スイカを見たいという方は予約したほうがよいでしょう。ただし、いずれも観賞用で味は良くないとのこと。このほかに「人面スイカ」というものもあります。

目次に戻るこのページの先頭に戻る

太陽すいか

太陽すいか

果皮が黄色くて果肉が赤色という珍しいスイカです。糖度は12度くらいあり、シャリシャリして甘みもたっぷり。大きさは1玉7キロ程度の大玉です。ほかに果皮の黄色いスイカとして、小玉で楕円形の「金のたまご」や、球形の「愛娘ひなた」というスイカもあります。

果物ブログ

目次に戻るこのページの先頭に戻る

入善すいか

入善すいか

富山県の入善町(にゅうぜんまち)が生産している楕円形の巨大スイカで、重さが15~20kgにもなります。「入善すいか」や「たわらすいか」とも呼ばれ、ジューシーで歯ごたえがあり上品な甘さです。かつては「黒部すいか」と呼ばれていましたが、昭和後期に名称を変更しました。7月下旬~8月上旬がシーズンで、わらじのような「さん俵」に包まれて出荷されます。

目次に戻るこのページの先頭に戻る

種なしすいか

種なしすいか

第二次大戦後の日本で開発された種のないスイカ。食べやすいのが魅力ですが、生産に手間がかかることや、通常のスイカに比べて甘みが少ないなどの理由から普及しませんでした。しかし最近になって糖度が高くておいしい種なしスイカが開発され流通しています。

果物ブログ

目次に戻るこのページの先頭に戻る

各地の年間収穫量 スイカ

>>>円グラフと下表の割合(%)が違う理由は?

円グラフの割合(%)と下表の割合(%)の数値が違うことがありますが、その場合は下表のほうが正しい数値です。

円グラフは、公表されている都道府県の値を単純に加算して計算していますが、下の表では出典元である農林水産省のデータに記されている「全国の合計値」から割合を計算しているためです(※全国の合計値には公表されていない都道府県のデータが含まれていることがあります)。

また、ページ上部の「基礎データ」にある「主な産地」の数値は、下表の割合(シェア)を四捨五入したものです。

出典:農林水産省統計

2012年のスイカの出荷量のうち最も多いのは熊本県で、約5万5,500トンを出荷しています。2位は約4万3,500トンを出荷している千葉県、3位は約3万6,700トンを出荷している山形県です。

目次に戻るこのページの先頭に戻る

栽培面積・収穫高の推移

出典:農林水産省統計

2012年のスイカの栽培面積は約1万1,300ヘクタール。収穫量は約37万300トンで、出荷量は約31万6,200トンです。

目次に戻るこのページの先頭に戻る

スイカの輸入先と輸入量

出典:財務省統計

スイカはアメリカ、メキシコ、韓国の3か国から輸入されています。アメリカからの輸入量は約776トンで、全体の70%近くを占めています。メキシコからの輸入量は約292トンで、全体の20%以上を占めています。韓国からの輸入量は約65.2トンです。

目次に戻るこのページの先頭に戻る

スイカの輸出先と輸出量

出典:財務省統計

2013年には4か国に輸出され、トップは約9トンのロシアです。2位は約8トンの香港、3位は約700キロの台湾と続きます。

目次に戻るこのページの先頭に戻る

年別輸出入量

出典:財務省統計

スイカは輸入と輸出が行われています。2013年の輸入量は約1,133トンで輸入額は約1億3,301万円。輸入量は前年と比べると280トン(約20%)減少しています。また、輸出量は約17.9トンで輸出額は約569万円。輸出量は前年と比べると13トン(約270%)増加しています。

目次に戻るこのページの先頭に戻る

主要生産国(上位5か国)

出典:FAOSTAT(2012年)

スイカ生産の上位5か国は、中国、トルコ、イラン、ブラジル、エジプトです。1位の中国の生産量は年間約7,000万トンで全体の約66%を占めています。2位のトルコは年間約404万4,184トンで全体の約4%、3位のイランは年間約380万トンで全体の約4%です。

世界のスイカの生産量を詳しく見る(果物統計のページ)

目次に戻るこのページの先頭に戻る

facebook