ネクタリン スイートネクタリン晶玉(しょうぎょく)

スイートネクタリン晶玉(しょうぎょく)

スイートネクタリン晶玉(しょうぎょく)

これは「晶玉」というネクタリンです。1988年(昭和63年)に品種登録された山梨県生まれの品種で、親の組み合わせは「反田ネクタリン」と「インデペンデンス」。ちなみに同じ両親を持つ兄弟品種に「黎明(れいめい)」と「黎王(れいおう)」があります。

晶玉の特徴は、皮の色が濃くてサイズは200gくらいとやや大きめ。果肉は溶質で果汁が多く、甘味があって酸味は少なめとのことです。

今回食べた晶玉は、糖度が13度くらいと十分な甘味があり、酸味も適度にあって濃厚な味わいでした。果肉はややかためでしたが、多汁でなめらかな口当たり。3日ほど冷蔵庫の野菜室で保存したものは、やわらかさが出てよりジューシーさを感じました。今の時期は桃やスモモもおいしいですが、ネクタリンの甘酸っぱさもいいですね。

登録日:2018年8月12日

カテゴリー:ネクタリン