梨 果物ブログ

登録日:2021年2月7日

晩三吉(おくさんきち)

晩三吉(おくさんきち)

冬でも売られている梨といえば「晩三吉」があります。明治時代から栽培されている歴史のある品種で、貯蔵性が高く3月頃まで出回ります。初めて見ると「ばんさんきち」と読んでしまうかもしれません……続きを読む

晩三吉(おくさんきち)の記事

登録日:2019年10月14日

新王(しんおう)

新王(しんおう)

これは新潟県が育成した「新王」という梨です。「おさ二十世紀」と「豊水」の交雑から誕生した品種で、2013年(平成25年)に品種登録されています。

新王はサイズが大きめで……続きを読む

新王(しんおう)の記事

登録日:2019年10月8日

豊水

豊水

先日、かなり大きな「豊水」が売られていたので興味本位で購入してみました。見るからに大きくて片手だけではつかめないくらいのビッグサイズ。栃木県産のもので、重さを量ると925gもありました……続きを読む

豊水の記事

登録日:2019年10月4日

恵水(けいすい)

恵水(けいすい)

これは茨城県産の「恵水」という赤梨です。2016年より本格的に出荷されている新しい品種で、茨城県の農業総合センターが「新雪」と「筑水」を交雑して育成。2011年(平成23年)に品種登録……続きを読む

恵水(けいすい)の記事

登録日:2019年9月30日

瑞秋(ずいしゅう)

瑞秋(ずいしゅう)

鳥取県産の梨「瑞秋(ずいしゅう)」を購入しました。鳥取といえば「二十世紀」が有名ですが、瑞秋は二十世紀の血筋を引く品種。二十世紀の枝変わり種「おさ二十世紀」の自殖実生から育成されたもの……続きを読む

瑞秋(ずいしゅう)の記事

登録日:2018年11月28日

日の出梨

日の出梨

「日の出」という名前の梨が売っていたので購入してみました。あまり情報が見つかりませんでしたが、どうやら「長十郎」の苗木の中から発見された晩生種で、果汁が多くて甘い梨だそうです。

……続きを読む

日の出梨の記事

登録日:2018年11月1日

甘太(かんた)

甘太(かんた)

これは2週間ほど前に食べた「甘太(かんた)」という梨です。農研機構が育成した新しい品種で、2015年に品種登録されました。親は「王秋(おうしゅう)」×「あきづき」。「新高(にいたか)」……続きを読む

甘太(かんた)の記事

登録日:2018年2月21日

新雪

新雪

これは「新雪(しんせつ)」という梨です。新雪は昭和前期に育成された古い品種で、両親は「晩三吉(おくさんきち)」と「今村秋」。晩三吉はこの時期でも出回る貯蔵性の高い梨ですが、新雪も同様に……続きを読む

新雪の記事

登録日:2017年10月22日

かおり梨

かおり梨

9~10月頃に見かける大きな梨に「かおり」があります。かおりは果皮が黄緑色の青梨で、サイズが大きくて香りがよくジューシーなのが特徴。育成されたのはずいぶん前ですが、食味のよさから最近に……続きを読む

かおり梨の記事

登録日:2017年10月1日

あきあかり

あきあかり

少し前に長野県産の梨「あきあかり」を食べました。あきあかりは農研機構果樹研究所が育成した赤梨で、2003年に品種登録されています。特徴としては、果汁が豊富で果肉がやわらかく、甘味が強く……続きを読む

あきあかりの記事