キウイフルーツ アボット

アボット

アボット

これは11月に購入した「アボット」という品種のキウイフルーツです。全体に細かいうぶ毛が密生していて、果肉は緑色。一般的に販売されている「ヘイワード」とよく似ていますが、異なる品種です。

直売で購入したこのアボットはうぶ毛がとても多く、新鮮な状態なのはひと目でわかりました。ただ、キウイフルーツは新鮮なものほど追熟が必要なので、しばらく置いておくことに。1週間後に1つ食べてみましたが、食べられないことはないけれどまだかたさがあり、酸味が強くてジューシーさも今ひとつ……。

なので、今度はりんごやバナナを一緒に入れて、さらに数日放置してみました。が、それでもまだかたいので、皮に少しひっかき傷をつけることに。皮に傷をつけることでエチレンの発生を促し、追熟を早めようという作戦です。すると3日ほどでいい感じになりました。

追熟が進んだアボットは、果肉がほどよくソフトになり、果汁も豊富。甘味と酸味の調和も取れていて、満足のいく味わいでした。それにしても果物の追熟は難しいですね。

登録日:2018年12月21日

カテゴリー:キウイフルーツ