温州ミカン(みかん) 宮本早生

宮本早生

宮本早生

これは極早生みかんの「宮本早生」です。温州みかんの主要品種の1つ「宮川早生」の枝変わりで、1981年(昭和56年)に品種登録されています。宮川早生よりも2週間ほど早く収穫でき、酸の抜けが早いとのこと。

この宮本早生はきれいな扁平形で皮が薄く、重量感もあり手で持っただけでおいしそうな感じがしました。そして実際に食べてみると大当たり。糖度が13~15度ほどと高く、酸味もほどよくて大変美味です。じょうのう膜も薄くジューシーでやわらかく、文句なしのおいしさでした。

ちなみに購入後、1玉ずつ新聞紙で包んでポリ袋に入れ、冷蔵庫の野菜室で保存したところ、3週間経ってもおいしさが保たれていました。

登録日:2017年12月3日

カテゴリー:温州ミカン(みかん)