サクランボ(桜桃) 紅てまり

紅てまり

紅てまり

北海道産のさくらんぼ「紅てまり」を食べました。これは2000年(平成12年)に登録された山形県生まれの品種で、親は「ビック」×「佐藤錦」。大粒で食味がよく、北海道では7月下旬から収穫される極晩生種だそうです。この紅てまりは1粒が約12gと大きく、果肉がしっかりしていて食べ応えがあります。糖度は22度前後もあり、ギュッと詰まった甘みの中にほどよい酸味が調和していてじつに美味でした。

登録日:2013年7月22日

カテゴリー:サクランボ(桜桃)