メロン カンタロープ

カンタロープ

カンタロープ

これはホンジュラス産の「カンタロープ」という赤肉メロンです。ホンジュラス産のメロンは昨年2016年に輸入が解禁され、最近スーパーなどでちょこちょこと見かけるようになりました。網目が細かいネットメロンで皮は薄い灰緑色。果肉はオレンジ色をしています。

収穫期は12月から5月頃なので国産メロンとはほとんど時期がかぶらず、大玉で価格が1玉500円から1000円ほどとお手頃。丸ごとではなく、カットフルーツにして販売しているお店も見かけました。

今回購入したカンタロープは、果肉がややかためでハニーデュー(ハネジュー)メロンのようにサクサクとした食感。でも果汁が少ないということはなく、口に含むと甘い果汁と赤肉メロンの香りが広がります。糖度も15度ほどとしっかりと甘味もあり、すっきりとした後味のおいしさでした。

ちなみに今回は買った翌日に食べてしまいましたが、追熟させるとなめらかな口当たりになったのかが気になるところ。もともと果肉がかための品種なのかもしれませんが、次に機会があればしっかり追熟させて食べてみたいです。

登録日:2017年4月24日

カテゴリー:メロン