メロン ガリア種

ガリア種

ガリア種

これはホンジュラス産の「ガリア種」という青肉メロンです。皮が少し黄色みがかっていて細かい網目があり、果肉は淡い緑色。貼られていたシールには「カリビアンスウィート ガリア種」と記されていました。

ちなみに昨年、同じくホンジュラス産の「カンタロープ種」というメロンを食べたのですが、こちらは果肉がオレンジ色。現在はこの2品種がホンジュラスから輸入されています。収穫時期はカンタロープ種が12月から5月頃、ガリア種は12月から4月頃だそうです。

今回食べたガリア種は、中央部の糖度が15度前後と十分な甘さがありました。果肉はしっかりとしていてサクサクとした食感。輸入メロンの代表格ともいえるハニーデューメロンを甘くしたような感じで、果汁が豊富で香りもよく風味のよい味わいでした。

登録日:2018年4月21日

カテゴリー:メロン