スモモ(プラム) 太陽

太陽

太陽

これはすももの「太陽」です。太陽は山梨県で発見された晩生種で、甘味が強くてほどよい酸味を含み、8月が収穫期になります。今回は、果皮が赤色のものと黒っぽい紫褐色のものを食べ比べてみました。どちらも同じ生産者が作ったものですが、果皮の色がかなり違います。

糖度を測ってみると、紫褐色のほうは16~17度くらい、赤いほうは15~16度でした。実際に食べてみると紫褐色のほうが酸味も少なくて甘味をしっかり感じられ、皮ごと食べると甘酸が調和してとても美味です。

一方、赤いほうも十分甘く、適度なやわらかさで果汁も豊富。皮の酸味はやや強めでしたが、皮を少しむいて食べるとまろやかな味わいが楽しめました。

結果、どちらもおいしかったですが、酸味が少ないのが好みなら色の濃いものがよいようです。

登録日:2017年9月3日

カテゴリー:スモモ(プラム)