イチゴ あまりん(埼園い3号)

あまりん(埼園い3号)

あまりん(埼園い3号)

これは埼玉県のオリジナルいちご「あまりん」です。2016年に発表された新品種で、品種名は「埼園い3号」。今年3月に「あまりん」という愛称に決まりました。特徴としては、甘味が強くて酸味が少なく、さわやかな味わいでジューシーとのこと。親の掛け合わせは「やよいひめ」と「ふくはる香」です。

ちなみに、埼園い3号と同時に「埼園い1号」という品種も発表されていて、こちらは「かおりん」と名付けられています。「かおりん」を食べたときの感想はこちら。なお、かおりんは「ふくあや香」と「ゆめのか」が親となっています。

このあまりんは丸みのある円錐形で、サイズは1粒約20gの中サイズ。果皮が真っ赤でふっくらとかわいらしい形をしています。先端の糖度を測ってみると16~18度と高く、中には20度近いものもありました。酸味がおだやかなのでひと口食べると甘味がググッときて、果汁も多く香りもよし。果肉はややかたくしっかりしているので、日持ちもよさそうに思います。最近、いちごの新品種が続々と誕生していますが、あまりんの今後の活躍に期待です。

登録日:2017年5月9日

カテゴリー:イチゴ