イチゴ なつおとめ

なつおとめ

なつおとめ

栃木県産の夏秋イチゴ(四季成り性いちご)の「なつおとめ」を購入しました。とちおとめなどの一般的ないちごは5月くらいに収穫が終わってしまいますが、これは夏から秋にかけて収穫ができる品種です。

なつおとめは栃木県農業試験場で育成され、2011年(平成23年)に品種登録されました。円錐形で果皮が濃い赤色をしていて、中程度のかたさで食味がよいいちごだそうです。また果肉も赤く、スライスしてケーキやパフェなどに使うと見栄えするとのこと。

このなつおとめは先端の糖度が11度程度あり、しっかりと甘味を感じられました。酸味はとちおとめに比べるとやや強いですが、だからといって酸っぱすぎるほどではありません。また、夏いちごは果肉がかためのことが多いですが、このなつおとめはほどよいかたさで果汁も豊富。香りもとてもよく、いちごの濃厚な味わいが堪能できました。

登録日:2016年7月26日

カテゴリー:イチゴ