カンキツ類 紅はっさく

紅はっさく

紅はっさく

今回食べたのは果皮の色が少し濃い「紅はっさく」です。紅はっさくは普通のはっさくの枝変わりで、1951年(昭和26年)に発見されたそうです。この紅はっさくはほどよい甘味と酸味があり、果汁も適度で果肉がプリプリしていて食味良好。はっさく特有の風味もちゃんとあって大満足でした。

登録日:2012年4月2日

カテゴリー:カンキツ類