カンキツ類 清見(小玉)

登録日:2020年4月12日

清見(小玉)

清見(小玉)

今が旬のタンゴール「清見(きよみ)を食べました。清見は春の柑橘としておなじみの果物で、見た目はオレンジのような姿。食べ方もオレンジとほぼ同じで、スマイルカットにしたり、手でむいて食べることも可能です(むきにくいですが)。さわやかな甘味と酸味が調和していてオレンジの香りも楽しめます。

清見(小玉)

サイズは温州みかんくらいの小さいものから、甘夏ほどの大玉までさまざまですが、今回購入したのはみかんサイズの小玉のもの。小さかったのでスマイルカットにはせず、みかんのようにむいて食べました。

清見(小玉)

ただ清見は皮と実がぴったりと引っ付いていて少しむきにくいのが難点。この写真のものはなんとかみかんのようにむけましたが、大半は皮がぷつぷつと切れてしまい、むくというよりも細かくはがしたという感じです。

清見(小玉)

10個入りのうち2~3個は酸味がやや強めで、残りは甘味と酸味のバランスがよくて濃厚な味わい。果汁が豊富でみずみずしく、オレンジの甘酸っぱさをじっくりと堪能できました。

清見(小玉)

個人的な印象として清見はサイズが大きいものよりも小さめのほうが袋の薄皮(じょうのう膜)が薄いことが多い気がします。大玉も食べごたえがあってよいのですが、口当たりが気になるようなら小玉の清見を選んでみてもよいかもしれません。

過去のブログを見る