カンキツ類 日向夏(ひゅうがなつ)

日向夏(ひゅうがなつ)

日向夏(ひゅうがなつ)

日向夏を店頭で多く見かけるようになりました。日向夏の食べ方は、ナイフで皮をむき、白い部分(アルベド)も一緒にカットして食べるのが一般的。でも、個人的にはこの食べ方よりも、ハッサクのようにじょうのう膜(袋)をむいて果肉だけを食べるほうが好きかも。このほうが、とろけるほどのやわらかい果肉と、上品な甘さと香りが味わえておいしく感じます。

登録日:2007年2月24日

カテゴリー:カンキツ類