リンゴ(林檎) つがる姫

つがる姫

つがる姫

2週間ほど前になりますが、「つがる姫」というりんごを食べました。つがる姫は「つがる」の着色系枝変わりで、青森県の石沢氏が発見したそうです。青森県での収穫時期は8月下旬から9月上旬頃で、サイズは300~350gとつがると同じくらい。つがるよりも着色するのが少し早くて濃い赤色になり、果肉がかたくて日持ちがよいのが特徴とのことです。

このつがる姫は、果皮の1/4くらいが黄緑色で少し酸っぱそうに見えましたが、食べてみると糖度が14~15度くらいでしっかりと甘みがあり、酸味も適度。濃厚な味わいでとても美味でした。つがるはいつも9月を過ぎてから食べていますが、8月上旬でこれだけおいしいとは驚きです。

登録日:2016年8月23日

カテゴリー:リンゴ(林檎)