リンゴ 冬彩華(とうさいか)

登録日:2020年2月16日

冬彩華(とうさいか)

冬彩華(とうさいか)

これは果肉の赤いりんごの新品種「冬彩華(とうさいか)」です。初めて聞く名前で、店頭のポップには特徴の「赤い果肉」についての表記がなかったので、普通のりんごのつもりで購入。いざ食べようとカットしたら果肉がうっすら赤くてびっくりしました。

冬彩華(とうさいか)

調べてみたところ、「なかののきらめき」や「なかの真紅」「ムーンルージュ」といった赤果肉シリーズをたくさん育成している長野県中野市の吉家一雄さんの新作でした。昨年2019年に品種登録されたばかりで、果実が大きくて果肉は赤みを帯び、甘味はやや強めで酸味が中程度。また蜜の入りが中程度で、果肉はややかためなのが特徴だそうです。

冬彩華(とうさいか)

なかののきらめきムーンルージュは以前に食べたことがあり、どちらも濃厚な味わいと、同心円状の美しい赤~黄色のグラデーションが印象的でした。今回の冬彩華は、うっかり縦方向にカットしてしまったため、きれいな断面にはなりませんでしたが、皮に近い部分が赤く染まっていてかわいらしい感じになっています。中心部には蜜も入っていました。

冬彩華(とうさいか)

食べてみると、シャキシャキとした食感で、甘味があって、酸味もしっかり感じます。キリリとした甘酸っぱさで、果汁がおいしく香りも良好。甘味だけを求める人には向かないかもしれませんが、酸味も楽しみたいという人にはおすすめです。冬彩華は果肉がしっかりしているので、パイやジャムなどに使ってもいいかもしれません。

過去のブログを見る