リンゴ 清明(せいめい)

登録日:2019年10月25日

清明(せいめい)

清明(せいめい)

山形県産の「清明(せいめい)」というりんごを食べました。生産量が少なくほとんど見かけることがありませんが、1995年(平成7年)に品種登録されている品種です。今回、たまたまスーパーで見つけたので購入することができました。

清明(せいめい)

来歴は、「ゴールデンデリシャス」と「ふじ」を交配したもので、秋田県の伊藤氏が育成。品種登録は苗木の株式会社イシドウが行っています。外観は腰高の円形で、サイズは300~350gくらい。果皮は鮮やかな紅色をしていて、果肉は緻密で果汁が多く、酸味が弱くて甘味が多いのが特徴です。出回り時期は10月中旬頃となっています。

清明(せいめい)

今回購入した清明は3個入りで、1玉の重さは約220gと少し小さめ。お尻部分に黄緑が残っているものもありましたが、果皮の色づきはまずまずでした。

清明(せいめい)

カットすると果肉はきれいな黄白色で、ほどよく果汁も含まれていてシャキシャキとした歯ごたえ。糖度は15~16度くらいと高くて、酸味が弱くて酸っぱさはほとんど感じません。心地よい甘味がふわっと広がり、さわやかなりんごの風味を満喫できました。

過去のブログを見る