リンゴ(林檎) シナノホッペ

シナノホッペ

シナノホッペ

これは長野県産の「シナノホッペ」というリンゴです。「あかね」と「ふじ」の交配より育成された新品種で、2013年に品種登録。10月末から11月上旬に収穫する晩生種で、果皮の色が濃くて果肉がかたく、甘酸適和で蜜が入りやすいのが特徴とのこと。今回食べたシナノホッペは、甘味の中にほどよい酸味があり濃厚な味わい。しっかり完熟していたようで、果皮がややベタベタとしていて蜜入りでした。果肉はかたくシャキシャキと小気味よい歯触り。果汁も豊富でおいしかったです。

登録日:2015年12月2日

カテゴリー:リンゴ(林檎)