紅さやか サクランボ(桜桃)

種類/品種/ブランドなどの詳細ページ

  • 紅さやか

    紅さやか

  • 紅さやか

    紅さやか

基礎データ DATA

紅さやかの特徴

紅さやか 紅さやか

「紅さやか」は「佐藤錦」と「セネカ」を交雑して選抜・育成したさくらんぼです。1979年(昭和54年)に交雑が行われ、1991年(平成3年)に品種登録されました。

6月上旬に収穫期を迎える早生種で、出始めの頃は果皮が紅色。そして収穫の後期になると濃く色づき黒っぽくなってきます。この濃い色は紅さやかの特徴で、色の濃いものは糖度が高い傾向にあります。

果実は丸みのあるハート形をしていて重さは5~7gとやや大きめ。糖度は15度前後と甘く、酸味とのバランスも良好です。また、紅さやかは果皮が濃くなるだけでなく、果肉まで赤く染まるのも特徴です。

紅さやかの見分け方(選び方)

紅さやか

張りとツヤがあり、軸が緑色のものを選びましょう。軸の色が茶色くなっているものは収穫から日が経っています。

紅さやかの果皮の色はシーズン序盤は赤色で、中盤頃からは濃紅色~紫黒色に変わっていきます。色が濃いものは甘味も強い傾向にあるので、なるべく色づきのよいものがおすすめです。

紅さやかの保存方法

乾燥しないようポリ袋に入れるかラップをするなどして、冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。さくらんぼは日持ちしないので、購入後は1~2日で食べきります。

量が多くて食べきれないときは、冷凍保存も可能です。洗って水分をしっかりふき、軸を外してラップで包んで保存用袋に入れて冷凍庫へ。半解凍で食べるとシャーベット感覚で味わえます。

紅さやかの食べ方

紅さやか

流水で洗ってそのまま食べるほか、色の濃い紅さやかをジャムにすると美しい色に仕上がります。ジャムを作るときはレモンを加えるのがポイント。風味がより豊かになり、とろみもつきやすくなります。できあがったジャムはパンにのせたり、パンケーキやバニラアイス、ヨーグルトなどにかけてもおいしいです。

紅さやかの旬(出回り時期)

紅さやかの出荷シーズンは6月上旬から中旬頃です。

紅さやかの主な産地

出典:農林水産省統計

紅さやかの作付面積のトップは山形県です。作付面積は約134ヘクタールで、80%以上の割合を占めています。2位は約5.9ヘクタールの青森県。3位は約4ヘクタールの長野県です。

関連リンク 果物ブログ

紅さやか

さくらんぼの中では早い時期に出回る「紅さやか」。今まで何度か食べていますが、いつも出始めだったためか味にば……続きを読む

果物狩り

サクランボ狩り

果物狩り

全国の果物狩りができる農園を紹介するコーナーです。サクランボ狩りが楽しめる農園はこちら

果物写真

紅さやかの写真

果物写真

現在紅さやかの写真を20枚掲載中です