シャインマスカット ブドウ(葡萄)

種類/品種/ブランドなどの詳細ページ

  • シャインマスカット

    シャインマスカット

  • シャインマスカット

    シャインマスカット

  • シャインマスカット

    シャインマスカット

  • シャインマスカット

    シャインマスカット

  • シャインマスカット

    シャインマスカット

  • シャインマスカット

    シャインマスカット

基礎データ DATA

シャインマスカットの特徴

シャインマスカット

「シャインマスカット」は、親が「安芸津21号」と「白南」で、2006年(平成18年)に品種登録されたぶどうです。農業・食品産業技術総合研究機構果樹研究所で育成されました。

果皮は緑黄色で、果粒の重さは10~15gくらい。糖度は18~20度ほどと高く、酸味は控えめです。しまりのある果肉は果汁が豊富で、マスカットの芳香を持ちます。

また、果皮が薄くてやわらかく、皮ごと食べられるのも特徴の1つ。パリッとした歯ごたえで、ジューシーで上品な甘みと高貴な香りが楽しめます。

親の安芸津21号は「スチューベン」×「マスカット・オブ・アレキサンドリア」の交配種。また白南の親は「カッタ・クルガン」×「甲斐路」です。祖父母はどれもおいしいぶどうばかりで、それぞれのよい部分をしっかり継承したのでしょう。

シャインマスカットの見分け方(選び方)

シャインマスカット

軸が茶色く枯れておらず青々としていて、果皮に張りがあり、粒がふっくらとしているものがおすすめ。緑系のブドウは完熟すると皮がやや黄みがかりますが、シャインマスカットの場合、果皮が黄色っぽくなくても熟していることが多いようです。

シャインマスカットの保存方法

シャインマスカット

ラップや新聞紙で包むか、ポリ袋に入れるなどして乾燥を予防し、冷暗所または冷蔵庫の野菜室で保存します。シャインマスカットは日持ちがよいほうで、状態がよければ3~5日は持ちますが、なるべく早めに食べましょう。

食べきれない場合は冷凍も可能です。粒をばらして(できれば軸を少し残すようにハサミでカット)保存用袋などに入れて冷凍庫へ。保存期間の目安は約1か月です。

シャインマスカットの食べ方

シャインマスカット

シャインマスカットは基本的に種なしで、皮ごと食べられます。2~3時間ほど冷やして軸ごと水洗いし、粒を取って丸ごと食べましょう。もちろん、皮が気になる場合は皮をむいて食べてもOKです。

果皮の色がきれいで粒も大きく香りもよいので、ケーキやタルトなどに飾るのもおすすめです。

シャインマスカットの旬(出回り時期)

シャインマスカットは7月頃から出回り始め、12月頃までがシーズンです。

参考:東京都中央卸売市場

シャインマスカットの主な産地

出典:農林水産省統計

シャインマスカットの作付面積のトップは長野県です。作付面積は約168ヘクタールで、全体の約25%を占めています。2位は約141ヘクタールの山梨県。全体の約21%でこちらも20%以上を占めています。3位は約98ヘクタールの岡山県です。

関連リンク 果物ブログ

シャインマスカット

「シャインマスカット」を食べました。これは2006年に品種登録されたぶどうで、親は「安芸津21号」×「白南……続きを読む

果物狩り

ブドウ狩り

果物狩り

全国の果物狩りができる農園を紹介するコーナーです。ブドウ狩りが楽しめる農園はこちら

果物写真

シャインマスカットの写真

果物写真

現在シャインマスカットの写真を29枚掲載中です