西村早生(にしむらわせ) カキ(柿)

種類/品種/ブランドなどの詳細ページ

  • 西村早生

    西村早生

  • 西村早生

    西村早生

基礎データ DATA

西村早生の特徴

西村早生 西村早生

「西村早生(にしむらわせ)」は滋賀県大津市の柿園で、偶発実生として発見された不完全甘柿です。不完全甘柿は、種が多く入ると甘くなり、種が少ないと渋みが残るという特性があります。西村早生の場合、種が5個以下だと渋みが残りやすく、その場合は脱渋処理をしてから出荷されます。

そして不完全甘柿である西村早生は、果肉に「ゴマ」という黒っぽい模様が入るのが大きな特徴。これは渋みが抜けて甘くなったサインで、このことから「ゴマ柿」と呼ばれることもあります。

果皮は明るい橙色でつやがあり、重さは約200~300gほど。「富有」のような丸みを帯びた形をしていて、ほどよい甘味があり果肉はかためです。なお、名前の「西村」は柿園の園主の名前から取ったもので、1960年(昭和35年)に名称登録されました。9月中旬から収穫できる早生の品種です。

西村早生の見分け方(選び方)

西村早生

丸みのあるきれいな形で、果皮がつやつやとしているものがよいでしょう。また手に持ったときにずっしりと重みがあり、へたが整っていて実に隙間なくぴったりとついているものを選びます。

西村早生の保存方法

新聞紙などで包んでポリ袋に入れ、日の当たらない冷暗所で保存します。常温だと2~3日程度でやわらかくなってくるので、かための食感が好みなら冷蔵庫の野菜室へ。

より長く保存したい場合は、軽く湿らせたティッシュペーパーをへたにあて、1個ずつラップで包んでポリ袋に密閉し冷蔵しておくとよいでしょう。鮮度がよければ1~2週間ほど持ちます。

西村早生の食べ方

西村早生

4等分にカットして皮をむいて食べましょう。果肉にゴマのような黒い点が入っていますが、これは西村早生の特徴なのでまったく問題ありません。

もしも甘味が物足りないという場合は、オーブンなどで焼いてみるとよいでしょう。必要に応じて砂糖をかけたり、あるいはバニラアイスを添えたりすると見た目も映えます。

西村早生の旬(出回り時期)

西村早生の旬は9月頃で、そのままピークを迎えて10月頃まで出回ります。

参考:東京都中央卸売市場

西村早生の主な産地

出典:農林水産省統計

西村早生の作付面積のトップは福岡県です。作付面積は約72.1ヘクタールで、全体の約33%を占めています。2位は約27.2ヘクタールの岐阜県。3位は約22.8ヘクタールの茨城県です。

栽培面積・収穫高の推移

出典:農林水産省統計

この統計データは年代が古いのでご注意ください。

関連リンク 果物ブログ

西村早生

柿のシーズン到来ということで、さっそく西村早生を食べました。西村早生は「不完全甘柿」で、種が多いほど果肉に……続きを読む

果物狩り

カキ狩り

果物狩り

全国の果物狩りができる農園を紹介するコーナーです。カキ狩りが楽しめる農園はこちら

果物写真

西村早生(にしむらわせ)の写真

果物写真

現在西村早生(にしむらわせ)の写真を11枚掲載中です