花御所(はなごしょ) カキ(柿)

種類/品種/ブランドなどの詳細ページ

  • 花御所

    花御所

  • 花御所

    花御所

  • 花御所

    花御所

  • 花御所

    花御所

基礎データ DATA

花御所の特徴

花御所

「花御所(はなごしょ)」は鳥取県八頭郡で栽培されている完全甘柿です。江戸時代に野田五郎助という人物が奈良県から持ち帰った「御所柿」の枝を接ぎ木して育てたのが起源とされます。当時は「五郎助柿」と呼ばれていましたが、明治時代後期に生産地である八頭町花の「花」と「御所柿」を合わせて花御所柿と命名されました。

花御所柿は甘味が強い品種で、特に甘いものは糖度が20度以上になります。果実の大きさは200~250gほどで、果肉がきめ細かく、果汁が多くてジューシーです。

収穫時期はほかの柿よりもやや遅い11月下旬から12月上旬頃。未熟でかたいときは渋みがあり、実が赤くなって熟すにつれ渋みが抜けて甘味が増していきます。なお、熟していても個体によっては甘味の中にかすかな渋みを感じることもあります。

花御所の見分け方(選び方)

花御所

全体がふっくらとしていて重みがあり、皮が赤みがかったオレンジ色でつやつやとしたものがおすすめです。また、さわったときに少しやわらかさを感じるものがよいでしょう。かたさが残っていると少し渋みが残っている可能性があります。

花御所はヘタと果実の間に空洞ができる「へたすき」になりやすい品種です。できればへたすきがないものがよいですが、もしあった場合は取り除いて食べれば問題ありません。

また皮に黒っぽい斑点が見られることがありますが、花御所はもともと斑点ができやすい柿なので気にしなくて大丈夫です。

花御所の保存方法

日の当たらない涼しい冷暗所で保存します。果実がかたい場合は2~3日ほど置くとやわらかくなってきます。常温での保存は2~3日を目安にし、やわらかさを感じたら早めに食べましょう。

もう少し長く保存したい場合は、かたさがあるうちにポリ袋に入れ、ヘタを下にして冷蔵庫の野菜室で保存します。

花御所の食べ方

花御所

花御所の食感がよさと強い甘味を味わうには、そのまま皮をむいて食べるのがおすすめです。柿は種の周辺とお尻の部分が甘いので、縦にくし形にカットして食べるとよいでしょう。

やわらかくなりすぎてしまったものは、冷凍してシャーベットのようにするとおいしく食べられます。

花御所の旬(出回り時期)

花御所の収穫時期は11月下旬から12月上旬頃です。

花御所の主な産地

出典:農林水産省統計

花御所は鳥取県だけで栽培が行われています。作付面積は約18.8ヘクタールです。

関連リンク 果物ブログ

花御所

数少ない完全甘柿のひとつ「花御所」は、関東ではあまり見ることはありません。先日スーパーに並んでいるのをよう……続きを読む

果物狩り

カキ狩り

果物狩り

全国の果物狩りができる農園を紹介するコーナーです。カキ狩りが楽しめる農園はこちら

果物写真

花御所(はなごしょ)の写真

果物写真

現在花御所(はなごしょ)の写真を14枚掲載中です