女峰 イチゴ

種類/品種/ブランドなどの詳細ページ

  • 女峰

    女峰

  • 女峰

    女峰

  • 女峰

    女峰

  • 女峰

    女峰

  • 女峰

    女峰

基礎データ DATA

  • 親の組み合わせ:「はるのか×ダナー」×「麗紅」
  • 品種登録年:1985年(昭和60年)

女峰の特徴

女峰(花) 女峰

「女峰(にょほう)」は、1990年代後半頃まで東日本の代表品種だったイチゴです。当時、東日本は女峰、西日本では「とよのか」が主流で、「西のとのよか、東の女峰」といわれるほど、この2品種が全国的に大きなシェアを占めていました。

女峰はあまりサイズが大きくありませんが、果皮が濃い赤色で美しく、香気があり多汁。甘味と酸味をしっかり感じられ、深みのある味わいです。

品種登録されたのは1985年(昭和60年)。栃木県農業試験場において「はるのか」×「ダナー」の系統に「麗紅」を交配して育成されました。なお、女峰という名前は、日光の女峰山にちなんで命名されたとのことです。

ちなみに「はるのか」は福岡県生まれで、「とよのか」の父親(花粉親)でもあります。また「ダナー」はアメリカから導入した品種。「麗紅」は「はるのか」と「福羽」を交配した千葉県生まれのイチゴです。

女峰からとちおとめへ

1996年(平成8年)に「とちおとめ」が登場すると、東日本では女峰からとちおとめへと世代交代が行われます。栃木県が育成したとちおとめは、女峰と比べて大粒で、酸味が少なく食味がよいことから、その後のイチゴ業界を牽引していくことになります。

業務用としての需要あり

現在、女峰の生産量は減少していて、スーパーではあまり見られません。しかし、酸味のあるイチゴはケーキやお菓子などの加工用としての需要があります。そのため生産量は少なくなっているものの、業務向けに重宝されています。

女峰の選び方(見分け方)

女峰

女峰を選ぶときは、果皮が鮮やかな紅色で円錐形のものがおすすめです。色が濃すぎるものは熟しすぎていることがあるので要注意。女峰は香りが強いので、よい香りがするかどうかもチェックしましょう。

女峰の保存方法

購入後は冷蔵庫の野菜室で保存します。乾燥しないようにパックをポリ袋に入れておくようにします。果肉は少しかためですが、それほど日持ちはしないので早めに食べましょう。

女峰の食べ方

女峰

女峰は酸味がやや強いので、生食すると濃厚な甘酸っぱさを味わえます。酸味を強く感じる場合は、練乳をつけたり、イチゴミルクにしてもよいでしょう。

また、酸味を生かしてジャムにしても美味。また生クリームとの相性がよいので、ケーキやタルトに使うのもおすすめです。

女峰の旬(出回り時期)

女峰の収穫時期は12頃から4月頃ですが、流通量はそれほど多くありません。

関連リンク 果物ブログ

女峰

最近、あまりお店では見かけなくなった「女峰」を久しぶりに食べました。この女峰は糖度が16度と甘みが強く、ほ……続きを読む

果物狩り

いちご狩り

果物狩り

全国の果物狩りができる農園を紹介するコーナーです。いちご狩りが楽しめる農園はこちら

果物写真

女峰の写真

果物写真

現在女峰の写真を13枚掲載中です