ベリー類 Berry

  • ラズベリー

    ラズベリー

  • ブラックベリー

    ブラックベリー

  • レッドカラント

    レッドカラント

  • グーズベリー(ドイツ種)

    グーズベリー(ドイツ種)

  • クランベリー

    クランベリー

  • カシス

    カシス

  • ハスカップ

    ハスカップ

  • ジューンベリー

    ジューンベリー

  • マルベリー

    マルベリー

  • イエローラズベリー

    イエローラズベリー

  • カシス

    カシス

  • ハスカップ

    ハスカップ

  • ラズベリー

    ラズベリー

  • クランベリー

    クランベリー

  • ジューンベリー

    ジューンベリー

  • グーズベリー(アメリカ種)

    グーズベリー(アメリカ種)

  • カシス

    カシス

  • カシス

    カシス

  • グーズベリー

    グーズベリー

  • グーズベリー

    グーズベリー

  • ブラックベリー

    ブラックベリー

  • ブラックベリー(花)

    ブラックベリー(花)

  • ブラックベリー(未熟)

    ブラックベリー(未熟)

  • ブラックベリー(未熟)

    ブラックベリー(未熟)

  • クランベリー(花)

    クランベリー(花)

  • クランベリー(未熟)

    クランベリー(未熟)

  • レッドカラント

    レッドカラント

  • レッドカラント

    レッドカラント

  • ハスカップ

    ハスカップ

  • ハスカップ

    ハスカップ

  • ハスカップ(木)

    ハスカップ(木)

  • ホワイトカラント

    ホワイトカラント

  • ジューンベリー

    ジューンベリー

  • ジューンベリー

    ジューンベリー

基礎データ DATA

ベリー類の概要

カシスの果実 ハスカップの果実 レッドカラントの果実

ジャムやソース、果実酒などに使われることの多いベリー類。真っ赤なラズベリーはタルトやケーキなどでもよく使用されているので食べたことのある人は多いと思います。

ところでラズベリーやクランベリーなど「○○ベリー」という名前のものは同じ仲間のように思いますが、じつはそれぞれ分類が異なります。ラズベリーとブラックベリーは「バラ科キイチゴ属」で、いわゆる「木イチゴ」の一種です。

クランベリーはブルーベリーと同じ「ツツジ科スノキ属」で、グーズベリー(スグリ)とカシス(クロスグリ)は「スグリ科スグリ属」です。 北海道の特産であるハスカップは「スイカズラ科スイカズラ属」になります。

日本国内ではラズベリーが北海道や長野県、ブラックベリーが長野県や神奈川県などで栽培されています。また、滋賀県高島市では同じキイチゴ属の仲間のボイセンベリー(ボイズンベリー/アドベリー)が栽培されています。

ベリー類の歴史

グーズベリーの果実 グーズベリーの果実 イエローラズベリーの果実

ラズベリーはヨーロッパや北アメリカが原産地で、古代ローマ時代にはすでに栽培されていたそうです。17世紀にはイギリスで多くの品種が作られ、19世には北アメリカでも品種改良が行われています。ブラックベリーは北アメリカ東部が原産で、19世紀初頭にアメリカで栽培され始めたそうです。

クランベリーは北米が原産。日本ではあまり馴染みがありませんが、アメリカでは感謝祭の定番料理「七面鳥のロースト」にクランベリーソースは欠かせないそうです。そのため品種改良もなされ、大規模に栽培されています。

グーズベリー(グズベリー)はヨーロッパが原産で、日本には明治時代に導入されました。カシスはヨーロッパが原産といわれています。カシスは18世紀半ばにフランスで栽培されるようになり、薬用として使われていたそうです。

ハスカップはシベリアが原産といわれ、北海道のアイヌの人々に重用されていました。ハスカップという名前はアイヌ語で「枝の上にたくさんなるもの」という意味が由来だそうです。

ベリー類の見分け方(選び方)

見分け方

いずれも色が濃くて、張りのあるものを選びましょう。同じ大きさなら重みのあるほうがよいでしょう。

ベリー類の保存方法

いずれも日持ちはしないので、冷蔵庫で保存しすぐに食べるようにしましょう。食べきれない分は冷凍するか、ジャムやソースなどに加工するとよいでしょう。

ベリー類の栄養と効能

おもな栄養成分(可食部100g中)

ラズベリー:カリウム(150mg)、葉酸(38mcg)

注目成分

アントシアニン

期待される効能

風邪予防、美肌効果、がん予防貧血予防高血圧予防動脈硬化予防脳梗塞予防心筋梗塞予防

ラズベリーには生活習慣病の予防によいとされるカリウムや、貧血予防に効果がある葉酸が含まれます。

またポリフェノールの一種「アントシアニン」が含まれるので眼精疲労の軽減に期待できます。

より詳細な栄養成分については、「栄養成分(グラフ)」もしくは「栄養成分(一覧表)」に掲載しています(ラズベリーとハスカップ、グーズベリーのみ)。

ベリー類の種類

ラズベリー

ラズベリー

鮮やかな赤色でサイズは1~2cmくらい。小さな球がたくさん集まりコロッとした形をしています。甘酸っぱいラズベリーはケーキやタルトなどに添えてそのまま生食したり、ジャムや果実酒、ソースなどにも用いられます。品種としては「インディアンサマー」や「レッドジュエル」のほか、果実の黄色い「ゴールデンクイーン」や「ファールゴールド」、熟すと黒くなる「ブラックラズベリー(ブラックベリーとは異なります)」などもあります。日本では長野県や北海道でわずかに出荷されています。シーズンは6~10月頃です。

ブラックベリー

ブラックベリー

直径が2~3cmくらいで熟すと赤から黒色に変わります。ラズベリーと同様に小さな球がたくさん集まり小さなブドウのような形をしています。ほどよい甘味と酸味があり生で食べることが可能。またジャムやソースなどにも加工されます。ちなみにラズベリーは果実だけが取れますが、ブラックベリーは果実に花托(へたなどの部分)が付いてきます。収穫時期は7~8月頃。

クランベリー

クランベリー

直径が1cmくらいの楕円形のかたい果実で、果皮は熟すと濃い赤色になります。甘味もありますが酸味が強いため生食には適しません。ジャムやソース、ジュースやケーキ作りなどに使用されます。国内産は8~10月頃に収穫されます。

グーズベリー(スグリ)

グーズベリー(スグリ)

「セイヨウスグリ」や「マルスグリ」ともいわれ、透明感のある緑色をしています。大きさは1cm前後で、熟すと赤紫色になります。甘酸っぱくてそのまま生でも食べられますが、ジャムやジュースにも最適。日本ではおもに北海道で栽培されています。また、似た種類に「フサスグリ(カラント/カーランツ/カリンズ)」もあります。

カシス(クロスグリ)

カシス(クロスグリ)

カクテルなどによく使われるカシスは、別名「クロスグリ」や「ブラックカラント」ともいいます。果実は濃紫色で丸く、直径は1cm程度。甘酸っぱくて香りがよく、完熟すると生食できるものもありますが、基本的にはジュースやお酒、お菓子などに加工されます。国内では青森県や岩手県などの東北地方で栽培されていて、収穫時期は7月中旬~8月上旬頃です。

ハスカップ

ハスカップ

ハスカップ(クロミノウグイスカグラ)は、2~3cmの楕円形で青紫色をしています。甘酸っぱく多汁で独特の風味があり、生でも食べられますが日持ちはしません。また酸味が強いのでソースやジャム、お酒、お菓子、塩漬けなどに加工されることが多いです。国内の主産地は北海道の美唄市や名寄市などで、シーズンは6~7月頃。

各地の年間収穫量 ラズベリー

円グラフと下表の割合(%)が違うときは?

上の円グラフの割合(%)と下の表の割合(%)の数値が違うことがありますが、その場合は下表のほうが正しい数値です。

下の表は出典である農林水産省のデータに記されている「全国の合計値」から割合を計算したものです。

上の円グラフも農林水産省のデータですが、こちらは全国ではなく主要生産地のみのデータなので、値が公表されていない都道府県は含まれていません。

また、ページ上部の「基礎データ」にある「おもな産地」の数値は、下表の割合(シェア)を四捨五入したものです。

出典:農林水産省統計

2014年のラズベリーの収穫量のうち最も多いのは北海道で、約4トンの収穫量があります。2位は約3トンの収穫量がある秋田県、3位は約1トンの収穫量がある山形県です。

栽培面積・収穫高の推移

出典:農林水産省統計

2014年のラズベリーの栽培面積は約10ヘクタール。収穫量は約9トンで、出荷量は約8トンです。

ベリー類の輸入先と輸入量

出典:財務省統計

ラズベリー、ブラックベリーはアメリカとメキシコから輸入されています。アメリカからの輸入量は約480トンで、全体の70%以上を占めています。メキシコからの輸入量は約128トンで、全体の20%以上を占めています。

年別輸出入量

出典:財務省統計

ラズベリー、ブラックベリーは海外から輸入されています。2016年の輸入量は約608トンで輸入額は約14億8,431万円です。輸入量は前年と比べると4.3トン(約1%)増加しています。

主要生産国(上位5か国)

出典:FAOSTAT(2014年)

ラズベリー生産の上位5か国は、ロシア、ポーランド、アメリカ、セルビア、メキシコです。1位のロシアの生産量は年間約14万4,000トンで全体の約24%を占めています。2位のポーランドは年間約12万5,859トンで全体の約21%、3位のアメリカは年間約10万3,510トンで全体の約17%です。

果物狩り

ベリー類狩り

果物狩り

全国の果物狩りができる農園を紹介するコーナーです。ベリー類狩りが楽しめる農園はこちら

果物ブログ

ベリー類 その他の品種

マルベリー(桑…
マルベリー(桑の実)
果物ブログ

果物図鑑に入りきらなかった品種はこちらの果物ブログのページで紹介しています

果物写真

ベリー類の写真

果物写真

ベリー類の写真はこちらのページでも見られます。現在ベリー類の写真を264枚掲載中です

果物コラム

関連コラム その1
いちごやメロンは野菜なの?

いちごやメロンは野菜なの?

果物コラム

ベリー類など、いろいろな果物に関するコラムです。果物コラムのトップページはこちら

栄養成分表

βカロテンが多い果物

栄養成分表

βカロテンが多い果物を表示しています。値は100グラム当たりの含有量。詳しくは栄養成分表のページへ