せとか カンキツ類

種類/品種/ブランドなどの詳細ページ

  • せとか

    せとか

  • せとか

    せとか

  • せとか

    せとか

  • せとか

    せとか

  • せとか

    せとか

  • せとか

    せとか

  • せとか

    せとか

基礎データ DATA

せとかの特徴

せとか せとか

「せとか」は「清見」×「アンコール」の育成系統(No.2)に、「マーコット」を交配して誕生した品種です。農業・食品産業技術総合研究機構果樹研究所が育成し、2001年(平成13年)に品種登録されました。

果皮は少し濃いめの橙色で、サイズは250g前後。糖度が高くてやさしい酸味があり、濃厚で優れた風味を持ちます。果肉はやわらかく果汁が豊富。じょうのう膜(薄皮)がとても薄く、袋ごと食べられます。

「せとか」という名前は、育成地である長崎県南島原市口之津町から望める海峡「早崎瀬戸」の「せと」と、香りがよいこと、そして瀬戸内地域での栽培が期待されることが由来だそうです。

せとかの見分け方(選び方)

せとか

皮がなめらかで張りがあり、全体がきれいなオレンジ色のものを選びましょう。持ったときに重みを感じ、果皮にやわらかさを感じるものがおすすめです。皮にシワがよったものは鮮度が落ちているので避けましょう。

せとかの保存方法

せとかは皮が薄いのであまり日持ちはしません。冷暗所で保存し、なるべく4~5日で食べきるようにしましょう。鮮度が落ちると酸味がなくなってぼけた味になったり、水分が抜けて食味が悪くなります。冷蔵庫の野菜室で保存すると若干日持ちがよくなりますが、ポリ袋に入れるなどして乾燥しないよう気を付けてください。

せとかの食べ方

手でむけます 袋(薄皮)ごと食べられます

皮が薄くてやわらかく、みかんのように簡単に手で皮をむくことができます。袋(じょうのう膜)も薄くて袋ごと食べられます。鮮度のよいうちに、ソフトでジューシーな甘酸っぱさを楽しみましょう。種は基本的にありません。

またケーキやタルトなどのトッピングに使うと、少し贅沢な味わいが楽しめます。量がたくさんある場合は、ジャム(マーマレード)にするのもおすすめです。

せとかの姉妹「麗紅」

麗紅

果皮が赤みがかった橙色の「麗紅(れいこう)」という柑橘がありますが、これはせとかの姉妹品種です。親は「清見」×「アンコール」の育成系統(No.5)に「マーコット」を交雑したもので、甘酸のバランスがよくて芳香があり、風味豊かな味わい。サイズは200gくらいです。麗紅の紹介ページはこちら

せとかの旬(出回り時期)

せとかの出回り時期は1月から3月頃。2月頃までハウス栽培のものも流通します。

参考:東京都中央卸売市場

各地の年間収穫量 せとか

出典:農林水産省統計

2014年のせとかの収穫量のうち最も多いのは愛媛県で、約3,855トンの収穫量があります。2位は約329トンの収穫量がある佐賀県、3位は約255トンの収穫量がある和歌山県です。

栽培面積・収穫高の推移

出典:農林水産省統計

2014年のせとかの栽培面積は約380ヘクタール。収穫量は約5,464トンで、出荷量は約5,156トンです。

関連リンク 果物ブログ

せとか

贈答品としても人気で、高いものだと1つ1000円以上にもなる「せとか」。今回食べたのは1個350円のもので……続きを読む

果物狩り

柑橘狩り

果物狩り

全国の果物狩りができる農園を紹介するコーナーです。柑橘狩りが楽しめる農園はこちら

果物写真

せとかの写真

果物写真

現在せとかの写真を28枚掲載中です