アボカド 鰐梨 Avocado

  • アボカド(ニュージーランド産)

    アボカド(ニュージーランド産)

  • ピンカートン(国内産)

    ピンカートン(国内産)

  • ベーコン(国内産)

    ベーコン(国内産)

  • リード

    リード

  • ピンカートン(国内産)

    ピンカートン(国内産)

  • アボカド(花)

    アボカド(花)

  • アボカド(蕾)

    アボカド(蕾)

  • アボカド

    アボカド

  • アボカド(葉)

    アボカド(葉)

  • アボカドの果実(品種不明)

    アボカドの果実(品種不明)

基礎データ DATA

アボカドの概要

アボカドの果実(国外撮影) アボカドの果実(ピンカートン) アボカドの果実(品種不明)

「森のバター」と呼ばれるアボカドは、栄養価が高くヘルシーな果実として人気です。まったりとした口当たりの果肉は甘味がほとんどなく、サラダやハンバーガーなどにも利用されます。わさび醤油をつけると「トロ」のような味がするというのも有名な話ですね。

現在、国内で売られているアボカドのほとんどが、メキシコ、ニュージーランド、チリなどからの輸入品です。メキシコ産はほぼ周年、ニュージーランド産は9月~12月頃に出回ります。また、わずかですが、和歌山県や愛媛県などで国内産アボカドが栽培されていて11月~2月頃に販売されます。

なお「アボガド」と発音しがちですが、正確な名称は「アボカド」です。

アボカドの歴史

アボカド(花) アボカド(葉)

アボカドは7000年以上前から栽培されているといわれますが、記録があるのは13世紀頃で、当時のインカ王の墓からアボカドの種が出土しているそうです。16世紀頃にアメリカに伝わり、さらにヨーロッパやオーストラリアなどにも伝播。日本に入ってきたのは100年ほど前のことです。

ちなみにアボカドの英名には「alligator pear(ワニの梨)」という別名があり、それを訳して和名では「ワニナシ」と言います。

アボカドの栄養と効能

おもな栄養成分(可食部100g中)

カリウム(720mg)、ビタミンE(3.4mg)、ビタミンB6(0.32mg)、葉酸(84mcg)、 脂肪酸総量(16.22g)、食物繊維(5.3g)

期待される効能

利尿作用、高血圧予防動脈硬化予防脳梗塞予防心筋梗塞予防がん予防便秘改善

アボカドは非常に栄養価の高い果物です。がんや動脈硬化の予防、老化抑制などに効果があるといわれているビタミンEをはじめ、各種ビタミン、鉄やリンなどのミネラルも豊富に含んでいます。また、体内の余分なナトリウムを排泄してくれるカリウムも多いので、高血圧予防や脳梗塞予防、心筋梗塞予防などにも期待できます。

アボカドは「森のバター」と称される通り、脂肪分が多いのも特徴です。果肉の脂肪分はなんと20%近くもありますが、この脂肪分は血液をサラサラにしたり、コレステロールを減らす作用がある不和脂肪酸が主体なので健康的です。

また食物繊維も多く便秘予防にも効果的で、100gあたり187kcalという高エネルギーは夏バテ予防にも最適。まさにいいことずくめの果物といえるでしょう。ただし、特定の薬の成分を阻害する成分もわずかに含まれているので、療養中の人は医師に食べてよいかどうか相談してください。

より詳細な栄養成分については、「栄養成分(グラフ)」もしくは「栄養成分(一覧表)」に掲載しています。

アボカドの種類

ハス(Hass)

ハス(Hass)

日本に輸入しているアボカドのほとんどがこの品種で、メキシコ産が9割を占めます。卵形で果皮がザラザラとしていて、果皮の色は未熟なときは緑、熟すと黒っぽくなるのが特徴。果肉は薄緑色で脂肪分をたっぷり含み、コクがあってネットリとした味わいです。醤油やマヨネーズ、オリーブオイルなどいろいろな調味料と相性が合います。

ベーコン(Bacon)

ベーコン(Bacon)

国内では11月から1月頃に収穫されるアボカドで、サイズは一般的なハス種に比べると少し大きく、重さは200~450gほど。果皮は濃い緑色で食べ頃になっても緑色のまま変化しません。果肉はクリーミーで甘味があり食味は優れています。

フェルテ

フェルテ

西洋梨形をした緑色のアボカドで、食べ頃になっても果皮は黒くなりません。果実のサイズは200~400gくらいと一般的な「ハス」と同程度ですが、タネが小さめで可食部は若干多くなります。なめらかな舌触りにほんのり甘味があって食味は良好。国内では11月頃から収穫が可能ですが、生産量が少ないためあまり流通していません。

ピンカートン

ピンカートン

西洋梨を細長くしたような形のアボカドで、重さは250~400gほど。緑色の果皮は追熟しても黒くならず、果皮は少し厚みがあり、表面がザラザラとしています。果肉には油分が比較的多く含まれていて濃厚な味わい。国内での生産量はごくわずかですが、11月下旬から12月頃が収穫期となっています。

リード

リード

球形のアボカドで、サイズは300~600gと大きめ。果皮は濃い緑色でやや厚く、食べ頃になっても果皮の色は濃緑のまま変わりません。日持ちがよく、熟すと果肉はクリーミーな食感で濃厚な味わいになります。流通量はわずかですが、アメリカ産と国内産のものが出回ります。

こだわりアボカド

こだわりアボカド

こちらはメキシコ産のハス種ですが、成長促進剤などの農薬や化学肥料を使わず、栽培に手間をかけたアボカドです。樹上時間が通常のアボカドに比べて1~2か月長く、皮が黒みを帯びてから収穫するため、よりおいしいアボカドになります。

各地の年間収穫量 アボカド

円グラフと下表の割合(%)が違うときは?

上の円グラフの割合(%)と下の表の割合(%)の数値が違うことがありますが、その場合は下表のほうが正しい数値です。

下の表は出典である農林水産省のデータに記されている「全国の合計値」から割合を計算したものです。

上の円グラフも農林水産省のデータですが、こちらは全国ではなく主要生産地のみのデータなので、値が公表されていない都道府県は含まれていません。

また、ページ上部の「基礎データ」にある「おもな産地」の数値は、下表の割合(シェア)を四捨五入したものです。

出典:農林水産省統計

アボカドはおもに和歌山県と愛媛県で栽培されています。和歌山県の収穫量は約7トンで、全体の80%以上を占めています。愛媛県の収穫量は約2トンで、全体の約19%程度です。

栽培面積・収穫高の推移

出典:農林水産省統計

2017年のアボカドの栽培面積は約12ヘクタール。収穫量は約9トンで、出荷量は約9トンです。

アボカドの輸入先と輸入量

出典:財務省統計

アボカドは5か国から輸入されています。輸入先トップはメキシコで輸入量は約6万8,513トン、全体の80%以上を占めています。2位はペルーの約8,360トンで全体の約11%程度です。3位はアメリカの約2,467トン。4位は約213トンのコロンビアと続きます。

年別輸出入量

出典:財務省統計

アボカドは海外から輸入されています。2020年の輸入量は約7万9,559トンで輸入額は約239億2,060万円です。輸入量は前年と比べると2,272トン(約3%)増加しています。

主要生産国(上位5か国)

出典:FAOSTAT(2018年)

アボカド生産の上位5か国は、メキシコ、ドミニカ共和国、ペルー、コロンビア、インドネシアです。1位のメキシコの生産量は年間約230万889トンで全体の約32%を占めています。2位のドミニカ共和国は年間約66万1,626トンで全体の約9%、3位のペルーは年間約53万5,911トンで全体の約7%です。

果物狩り

7月の果物狩り

果物狩り

全国の果物狩りができる農園を紹介するコーナーです。7月に果物狩りが楽しめる農園はこちら。

果物写真

アボカドの写真

果物写真

アボカドの写真はこちらのページでも見られます。現在アボカドの写真を151枚掲載中です

果物コラム

関連コラム その1
果物の追熟って何?

果物の追熟って何?

果物コラム

アボカドなど、いろいろな果物に関するコラムです。果物コラムのトップページはこちら

栄養成分表

ナイアシンが多い果物

栄養成分表

ナイアシンが多い果物を表示しています。値は100グラム当たりの含有量。詳しくは栄養成分表のページへ