日川白鳳 モモ(桃)

種類/品種/ブランドなどの詳細ページ

  • 日川白鳳

    日川白鳳

  • 日川白鳳

    日川白鳳

  • 日川白鳳(未熟)

    日川白鳳(未熟)

基礎データ DATA

日川白鳳の特徴

日川白鳳

「日川白鳳(ひかわはくほう)」は、山梨県山梨市で「白鳳」の枝変わりとして1973年(昭和48年)に発見されました。それから8年後の1981年(昭和56年)に品種登録されています。

果皮は濃い赤色で見た目が美しく、酸味はやや少なく糖度が高め。乳白色の果肉は緻密で果汁を豊富に含み、口当たりはなめらかです。シーズン序盤に出回る早生品種で、6月下旬頃から収穫することが可能。7月下旬頃まで出回ります。

日川白鳳は広い地域で栽培が行われていて、おもな産地は山梨県や和歌山県、福島県など。生産量が多く、主要品種のひとつになっています。

日川白鳳の見分け方(選び方)

日川白鳳

日川白鳳は着色のよい桃なので、なるべく全体が赤く色づいたものを選びましょう。ほんのり甘い香りがして、うぶ毛が落ちていないものがおすすめです。

また縦に入った割れ目(縫合線)が浅めで、この線を中心に左右対称にふっくらしているものがよいでしょう。

日川白鳳の保存方法

新聞紙などで包んで涼しい冷暗所に置いておきます。常温保存だと徐々にやわらかくなっていくので、時々かたさを確認しましょう。やわらかくなった桃はさらにポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存し、なるべく早めに食べます。

なお、桃は指で押さえただけでもそこから傷んでしまうため、優しく扱うことがポイントです。

日川白鳳の食べ方

日川白鳳

水洗いしてから皮をむきます。皮のすぐ下にうまみがあるので、なるべく薄くむくようにします。また甘味は軸側よりもお尻側のほうが強いので、縦にくし形に切って食べましょう。

コンポートにしたりシロップ煮にしたり、やわらかくなったものはジャムに加工してもおいしいです。

日川白鳳の旬(出回り時期)

日川白鳳の出荷量が増えるのは6月下旬から7月下旬頃です。

日川白鳳の主な産地

出典:農林水産省統計

日川白鳳の作付面積のトップは山梨県です。作付面積は約504ヘクタールで、全体の半分以上の割合を占めています。2位は約116ヘクタールの和歌山県。3位は約66.3ヘクタールの福島県です。

栽培面積・収穫高の推移

出典:農林水産省統計

この統計データは年代が古いのでご注意ください。

果物狩り

桃狩り

果物狩り

全国の果物狩りができる農園を紹介するコーナーです。桃狩りが楽しめる農園はこちら

果物写真

日川白鳳の写真

果物写真

現在日川白鳳の写真を11枚掲載中です