クレメンタイン(Clementine) カンキツ類

種類/品種/ブランドなどの詳細ページ

  • クレメンタイン

    クレメンタイン

  • クレメンタイン

    クレメンタイン

  • クレメンタイン・カフィン

    クレメンタイン・カフィン

  • クレメンタイン・ビタ

    クレメンタイン・ビタ

  • クレメンタイン・オロバル

    クレメンタイン・オロバル

基礎データ DATA

  • 親の組み合わせ:不明

クレメンタインの特徴

クレメンタイン クレメンタイン・ビタ

クレメンタイン(Clementine)はマンダリンの一種で、見た目は小さい温州みかんのような姿をしています。重さが50~60gくらいと小さく、果肉はしまっていて果汁が多く、甘みが強くてほどよい酸味もあります。

クレメンタインの来歴ははっきりしていません。北アフリカのアルジェリアで「地中海マンダリン」の雑種から生まれたという説のほか、もともと中国にあった「カントンマンダリン」と同じではないかとの説もあります。

モロッコやスペイン、チリなどで栽培されていて、日本にはチリ産のものが6~7月頃に輸入されます。また国産もわずかですが栽培されていて、収穫時期は12月~1月頃。なおクレメンタインは「クレメンティン」や「クレメンチン」とも表記されます。

クレメンタインの見分け方(選び方)

クレメンタイン

クレメンタインは基本的にサイズが小さいですが、持ったときにしっかりと重みを感じ、果皮にツヤと張りがあるものをえらびましょう。皮にシワが寄ったものや軽く感じるものは、乾燥して果汁が抜けている可能性があります。

クレメンタインの保存方法

暖房や直射日光の当たる場所は避けて、風通しのよい冷暗所で保存します。あまり日持ちはしないのでなるべく早く食べましょう。

クレメンタインの食べ方

手でむけます 袋(薄皮)ごと食べられます

クレメンタインは温州みかんのように手で皮をむくことができ、袋(じょうのう膜)ごと食べられます。

サイズが小さいので子どもでも手軽に食べられるでしょう。種は少し入っていることもあります。

クレメンタインの旬(出回り時期)

チリ産のクレメンタインは6月~7月頃に輸入されます。国産のクレメンタインは12月~1月頃がシーズンです。

関連リンク 果物ブログ

クレメンタイン

少し前にチリ産の「クレメンタイン」というみかんを食べました。これは「まりひめ」というみかんの親にもなってい……続きを読む

果物狩り

柑橘狩り

果物狩り

全国の果物狩りができる農園を紹介するコーナーです。柑橘狩りが楽しめる農園はこちら

果物写真

クレメンタインの写真

果物写真

現在クレメンタインの写真を23枚掲載中です