世界一 リンゴ(林檎)

種類/品種/ブランドなどの詳細ページ

  • 世界一

    世界一

  • 世界一

    世界一

  • 世界一

    世界一

  • 世界一

    世界一

  • 世界一

    世界一

  • 世界一(幼果)

    世界一(幼果)

基礎データ DATA

世界一の特徴

世界一

「世界一」は青森県りんご試験場で育成されたりんごで、サイズがとても大きくなるのが特徴です。小さいものでも350gくらいあり、大きめのものは500~600gほど、特に大玉のものは1kg近くになることもあります。

世界一が初めて結実したのは1946年(昭和21年)だそうです。その後、選抜や調査が行われて質のよさが認められ、1974年(昭和49年)に発表されました。

果肉は緻密でややかため。甘味の中にほどよい酸味もあり、果汁をたくさん含んでいて食味も良好です。大玉のものは見た目のインパクトがあり、食べ応えも十分。ただし、大きすぎるものは日持ちがやや劣ることがあるようです。

世界一という名前は、食味がよくてサイズが大きいことから「世界一のりんご」とアピールされていたことが由来とされています。

世界一の見分け方(選び方)

世界一

全体が赤く着色していて、ずっしりと重みを感じるものがおすすめです。世界一はサイズが大きいりんごですが、大きすぎると甘味や日持ちがやや落ちることがあるので、あまり大きさにこだわる必要はないでしょう。

世界一の保存方法

乾燥しないように低温で保存するのがポイントです。新聞紙などで包んでポリ袋に入れ、冷蔵庫の野菜室か冷暗所で保存します。大きく成長したものよりは中サイズのほうが貯蔵性がよいので、大玉のものは早めに食べましょう。

世界一の食べ方

世界一

世界一は大玉なので、たくさんあって食べきれない場合は、ジャムやコンポートなどにするとよいでしょう。ジャムを作るときにレモン汁を入れると、酸味ととろみが増します。

生食するときは、なるべく皮ごと食べるのがおすすめ。ポリフェノールや食物繊維などの栄養が皮の部分に含まれているので、より多くの栄養を摂取できます。

世界一の旬(出回り時期)

世界一は10月頃から出回り始め、4月頃までがシーズンです。

参考:東京都中央卸売市場

世界一の主な産地

出典:農林水産省統計

世界一の作付面積のトップは青森県です。作付面積は約117ヘクタールで、9割以上が青森県で栽培されています。2位は約2.3ヘクタールの岩手県。3位は約2ヘクタールの山形県です。

関連リンク 果物ブログ

世界一

果重が500g以上もある大きなりんご「世界一」を食べました。みずみずしくて酸味は少なく、これ1つでおなかい……続きを読む

果物狩り

リンゴ狩り

果物狩り

全国の果物狩りができる農園を紹介するコーナーです。リンゴ狩りが楽しめる農園はこちら

果物写真

世界一の写真

果物写真

現在世界一の写真を18枚掲載中です