スターフルーツ 五歛子 Starfruit

  • スターフルーツ

    スターフルーツ

  • スターフルーツ

    スターフルーツ

  • スターフルーツ

    スターフルーツ

  • スターフルーツ

    スターフルーツ

  • スターフルーツ(マライ種)

    スターフルーツ(マライ種)

  • スターフルーツ

    スターフルーツ

  • スターフルーツ(未熟)

    スターフルーツ(未熟)

  • スターフルーツ(花)

    スターフルーツ(花)

  • スターフルーツ(花)

    スターフルーツ(花)

  • スターフルーツ(幼果)

    スターフルーツ(幼果)

  • スターフルーツ(未熟)

    スターフルーツ(未熟)

基礎データ DATA

スターフルーツの概要

スターフルーツの断面

スターフルーツ(ゴレンシ:五斂子)は、カットした断面が星形(五稜形)に見えることからこのような名前が付けられました。果実の大きさは、長さが5~15cm程度で、幅は4~10cm程度。黄色い果肉はジューシーでほんのり甘酸っぱく、サクサクとした食感です。フルーツの盛り合わせやサラダなどに加えれば華やかなアクセントになるでしょう。

スターフルーツの歴史

スターフルーツの果実(未熟) スターフルーツの花

スターフルーツの原産地は諸説ありますが、マレー半島やジャワ島、インドなどではないかといわれています。古くから熱帯アジア地域やインド地方などに分布していて、紀元前に書かれた中国の書物「神農本草径」にはスターフルーツとされる「羊桃」の記述があるようです。

ヨーロッパへの伝播の時期は定かではありませんが、オランダの旅行家「リンスホーテン」が16世紀末頃にまとめた「東方案内記」にスターフルーツ(Carambola)の記述が残されています。また、その頃にスペイン人やポルトガル人などによって南米にも広がったようです。

日本へは18世紀末頃に渡来し、沖縄で栽培が行われました。現在では宮崎県や沖縄県、鹿児島県などで栽培が行われています。

スターフルーツの見分け方(選び方)

見分け方

果皮に張りとツヤがあり、重みのあるもの。シワが出ているものや斑点のあるものは避けたほうが無難です。またスターフルーツは追熟するので、買ってすぐに食べたいなら、なるべく黄色く熟したものを選びましょう。果皮が緑色のものは基本的に未熟で、追熟の必要があります。

スターフルーツの保存方法

黄色くなったら食べ頃 黄色が濃くなるとより甘味が感じられる

果皮が緑色のものは未熟で酸味が強いため、室温(20前後)で追熟させましょう。果皮が黄色くなり、果肉が少しやわらかくなってきたら食べ頃。酸味が減少してやさしい甘酸っぱさになります。さらにフチ(頂点)の緑色が薄れてやや茶色みがかり、果皮の黄色が濃くなるまで待つと、より甘さが感じられます。

熟したスターフルーツは冷蔵庫の野菜室へ。もし食べきれなかったら、砂糖漬けやジャムにしてもよいでしょう。

食べ方は、果実をよく水洗いして、フチの部分を少しそぎ落とします。あとは薄くスライスすればOK。基本的に皮ごと食べられます。

コラムのページでスターフルーツの食べ方をイラストで紹介しています。

スターフルーツの栄養と効能

おもな栄養成分(可食部100g中)

カリウム(140mg)

期待される効能

高血圧予防

高血圧予防に効果が期待できるカリウムのほかは目立った栄養素は見られません。スターフルーツは料理やデザートを美しく飾る果実ですので、栄養分はほかのフルーツや食材にまかせましょう。

より詳細な栄養成分については、「栄養成分(グラフ)」もしくは「栄養成分(一覧表)」に掲載しています。

スターフルーツの種類

甘味種

甘味種

甘く生食に適した品種。果実が大きめで、熟すと果皮が黄色くなります。ただ、同じ甘味種でも環境や収穫時期によって糖度にばらつきがあります。樹上でしっかり完熟したものは糖度が高いようです。

酸味種

酸味種

酸味が強いスターフルーツで、基本的にサイズは小ぶりです。ピクルスやジャム、砂糖漬けなどの加工用のほか、レストランなどの料理用として利用されています。

各地の年間収穫量 スターフルーツ

円グラフと下表の割合(%)が違うときは?

上の円グラフの割合(%)と下の表の割合(%)の数値が違うことがありますが、その場合は下表のほうが正しい数値です。

下の表は出典である農林水産省のデータに記されている「全国の合計値」から割合を計算したものです。

上の円グラフも農林水産省のデータですが、こちらは全国ではなく主要生産地のみのデータなので、値が公表されていない都道府県は含まれていません。

また、ページ上部の「基礎データ」にある「おもな産地」の数値は、下表の割合(シェア)を四捨五入したものです。

出典:農林水産省統計

スターフルーツは沖縄県で栽培されています(沖縄県以外の統計データはありません)。2014年の収穫量は約18トンとなっています。

栽培面積・収穫高の推移

出典:農林水産省統計

2014年のスターフルーツの栽培面積は約2ヘクタール。収穫量は約18トンで、出荷量は約18トンです。

果物狩り

9月の果物狩り

果物狩り

全国の果物狩りができる農園を紹介するコーナーです。9月に果物狩りが楽しめる農園はこちら。

果物写真

スターフルーツの写真

果物写真

スターフルーツの写真はこちらのページでも見られます。現在スターフルーツの写真を40枚掲載中です

果物コラム

関連コラム その1
スターフルーツの食べ方は?

スターフルーツの食べ方は?

果物コラム

スターフルーツなど、いろいろな果物に関するコラムです。果物コラムのトップページはこちら

栄養成分表

βカロテンが多い果物

栄養成分表

βカロテンが多い果物を表示しています。値は100グラム当たりの含有量。詳しくは栄養成分表のページへ