北斗 リンゴ(林檎)

種類/品種/ブランドなどの詳細ページ

  • 北斗

    北斗

  • サン北斗

    サン北斗

  • 北斗

    北斗

  • 北斗

    北斗

基礎データ DATA

北斗の特徴

北斗

「北斗(ほくと)」は青森県りんご試験場で育成されたりんごで、親の組み合わせは「ふじ」と「印度」と考えられています。交雑が行われたのは1970年(昭和45年)で、品種登録されたのは1983年(昭和58年)です。

当初は「ふじ」×「陸奥」が両親とされていましたが、近年の遺伝子解析により、花粉親は陸奥ではなく印度が有力であると考えられています。

北斗は果実が300~400gと大きく、果肉は緻密で歯ごたえがあり多汁。甘味の中に適度な酸味を持ち合わせていて、芳香もあり濃厚な味わいです。完熟したものは蜜が入りやすく、蜜入りりんごとしても出回ります。また無袋栽培のものは「サン北斗」とも呼ばれます。

出荷されるのは「ふじ」よりも2週間ほど早くて10月下旬頃です。

北斗の見分け方(選び方)

果皮がしっかり色づいていて、重量感のあるものがおすすめです。お尻の部分をチェックしてみて、黄色っぽくなっていれば熟しています。お尻が緑色のものは完熟手前なので、なるべく黄色っぽいものを選ぶとよいでしょう。

北斗の保存方法

乾燥すると食味が落ちるので、新聞紙などで包んでからポリ袋に入れて、温度の低い冷暗所または冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。数が多い場合は、なるべく1つずつ新聞紙に包むことをおすすめします。

北斗の貯蔵性は比較的よいといわれています。しかし、蜜が多いものはあまり日持ちしないので、冷蔵保存して早めに食べましょう。

北斗の食べ方

サン北斗

皮をむいたほうが口当たりがよくて食べやすいですが、皮ごと食べたほうが栄養を多く摂れます。サラダにして食べる場合は、皮ごと薄くスライスして食べるとよいでしょう。皮の部分にはポリフェノールや食物繊維が含まれています。

果肉がやわらかくなっていたり、味がぼけているものはスムージーやジャム、コンポートなどにするとよいでしょう。コンポートにはお好みでシナモンをふりかけても美味。ジャムにする場合は、レモン汁を入れることで酸味ととろみが増します。

北斗の旬(出回り時期)

北斗の旬は10月頃から12月頃まで。11月頃が出荷の最盛期です。

参考:東京都中央卸売市場

北斗の主な産地

出典:農林水産省統計

北斗の作付面積のトップは青森県です。作付面積は約508ヘクタールで、80%以上の割合を占めています。2位は約35.9ヘクタールの岩手県。3位は約11.7ヘクタールの北海道です。

栽培面積・収穫高の推移

出典:農林水産省統計

この統計データは年代が古いのでご注意ください。

果物狩り

リンゴ狩り

果物狩り

全国の果物狩りができる農園を紹介するコーナーです。リンゴ狩りが楽しめる農園はこちら

果物写真

北斗の写真

果物写真

現在北斗の写真を16枚掲載中です