あまおう イチゴ

種類/品種/ブランドなどの詳細ページ

  • あまおう

    あまおう

  • あまおう

    あまおう

  • あまおう

    あまおう

  • あまおう

    あまおう

  • あまおう

    あまおう

  • あまおう

    あまおう

基礎データ DATA

  • 親の組み合わせ:「久留米53号」×「92-46」
  • 品種登録年:2005年(平成17年)
  • おもな産地:福岡県

あまおうの特徴

あまおう あまおう

大粒で甘味の強い「あまおう」は、福岡県農業総合試験場で育成され、2005年(平成17年)に登録されたイチゴです。品種名は「福岡S6号」で、「あまおう」は登録商標です。福岡県ではそれまで「とよのか」が主力品種でしたが、着色の質が安定しないなどの理由から、より高品質なイチゴを目指し開発されました。

あまおうの特徴の1つはサイズの大きさです。とよのかに比べ平均で約1.2倍程度の重さがあり、見た目も丸みがありかわいらしい形をしています。味も甘味と酸味が調和し、いわゆる「濃い味」になり、外観と食味のよさから需要が高まりました。果肉はかためですが果汁が多くてジューシーです。

親しみやすい「あまおう」という名前は、県内での公募によって命名されました。「赤い」「丸い」「大きい」「うまい」の頭文字を合わせたもので、「甘いイチゴの王様になれるように」との意味も込められているそうです。「博多あまおう」とも呼ばれます。

あまおうの見分け方(選び方)

あまおう

あまおうはほかのイチゴと比べてやや濃い紅色をしているのが特徴です。果実を選ぶ際には、薄い色のものより、紅色が濃いものを選ぶようにしましょう。ただし、色が黒っぽくなっていたり、紅が濃すぎるものは鮮度が落ちている可能性があります。形は基本的に丸い円錐形なので、細いものよりはまるまるとした形のものがおすすめです。

あまおうの保存方法

あまおう

冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。あまおうは果肉がかためで日持ちはよいとされていますが、なるべくその日のうちに食べることをおすすめします。量が多くて食べきれない場合は、冷凍しておくとよいでしょう。

あまおうの食べ方

あまおうは味が濃いので何もつけずにそのまま食べるのがおすすめです。もちろん練乳などをつけると違った味が楽しめます。また、適度な酸味があるのでジャムやタルト、ケーキ、スムージーなどに使用してもよいでしょう。果肉が赤いのでジャムにするときれいな紅色に仕上がります。

あまおうの親たち

あまおうの母親(子房親)である「久留米53号」は、「とよのか」×「てるのか」の掛け合わせで、父親(花粉親)の「92-46」は「久留米49号」×「さちのか」の交配種です。また「久留米49号」の掛け合わせは「とよのか」×「女峰」。かつて西日本のトップを誇ったとよのかの血統は、しっかりとあまおうに継承されています。

あまおうは福岡県産

2013年現在「あまおう」を栽培・販売できるのは基本的に福岡県内の生産者だけに限られています。これは品質を低下させないよう栽培管理をしっかり行い、また福岡県のブランドを育成することが目的だそうです。

あまおうの旬(出回り時期)

12月から5月頃まで出回ります。産地は福岡県で、3月から4月頃に出荷のピークを迎えます。

参考:東京都中央卸売市場

関連リンク 果物ブログ

あまおう

先日、1箱9個入りの大粒の「あまおう」を購入してみました。重さが50g近くもあり2粒食べると満足できるほど……続きを読む

果物狩り

いちご狩り

果物狩り

全国の果物狩りができる農園を紹介するコーナーです。いちご狩りが楽しめる農園はこちら

果物写真

あまおうの写真

果物写真

現在あまおうの写真を22枚掲載中です