南陽 サクランボ(桜桃)

種類/品種/ブランドなどの詳細ページ

  • 南陽

    南陽

  • 南陽

    南陽

  • 南陽(花)

    南陽(花)

基礎データ DATA

南陽の特徴

南陽

「南陽(なんよう)」は「ナポレオン」の自然交雑実生から育成された品種です。山形県の農業試験場において選抜・育成され、1978年(昭和53年)に名称登録されました。

果実はハート形で、重さは8~10g程度と親のナポレオンよりも少し大きめ。果皮は地色が黄色で日光が当たると紅色に着色します。果肉は緻密でしっかりとしていてジューシー。酸味は少なく甘味が多くて食味は良好です。

南陽が育成されたのは山形県ですが、北海道のほうが色付きがよいことから、主産地は北海道の余市町となっています。収穫期は7月中旬から下旬頃。なお山形県でも生産されていて、こちらは収穫期が6月下旬頃です。

南陽の見分け方(選び方)

南陽

色付きがよく、果皮にツヤがあってみずみずしさを感じるものを選びましょう。また、実が大きめで、軸が緑色のものがおすすめ。軸が茶色く枯れているものや、果皮に変色が見られるものは避けます。

南陽の保存方法

南陽

乾燥や温度変化により鮮度の低下が早まるので、ポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室へ。キッチンペーパーで包んでからポリ袋に入れると、より乾燥を防止できます。ただし長期保存には向かないので、新鮮なうちに食べましょう。

南陽の食べ方

冷やしすぎると甘味の感じ方が薄れるので、食べる直前に冷水にさらすか、1~2時間前に冷蔵庫で冷やすとよいでしょう。

量が多いときはジャムやコンポート、シロップ漬けなどに加工すると保存が効きます。ヨーグルトやアイスクリームのトッピングにしたり、お菓子作りになどに使えて便利です。

南陽の旬(出回り時期)

南陽が出回るのは6月下旬頃から7月下旬頃です。

南陽の主な産地

出典:農林水産省統計

南陽の作付面積のトップは北海道です。作付面積は約78.9ヘクタールで、70%以上の割合を占めています。2位は約16.3ヘクタールの青森県。3位は約8.7ヘクタールの山形県です。

果物狩り

サクランボ狩り

果物狩り

全国の果物狩りができる農園を紹介するコーナーです。サクランボ狩りが楽しめる農園はこちら

果物写真

南陽の写真

果物写真

現在南陽の写真を14枚掲載中です