とちおとめ イチゴ

種類/品種/ブランドなどの詳細ページ

  • とちおとめ

    とちおとめ

  • とちおとめ

    とちおとめ

  • とちおとめ

    とちおとめ

  • とちおとめ

    とちおとめ

  • とちおとめ

    とちおとめ

基礎データ DATA

  • 親の組み合わせ:「久留米49号」×「栃の峰」
  • 品種登録年:1996年(平成8年)
  • おもな産地:栃木県、愛知県、茨城県

とちおとめの特徴

とちおとめ とちおとめ

「とちおとめ」は栃木県農業試験場で育成され、1996年(平成8年)に品種登録されたイチゴです。親は「久留米49号」と「栃の峰」です。

栃木県ではそれまで「女峰」が主力品種でしたが、より優れた後継品種として、甘味が強くて大粒の多い「とちおとめ」を発表。食味のよさから人気が上昇し、東日本のシェア1位となりました。

とちおとめは糖度が高めでほどよい酸味を持ちます。また、果汁が豊富で果実がしっかりしているので比較的日持ちがよいのも魅力です。

ちなみに、とちおとめの母親である「久留米49」の掛け合わせは「とよのか」×「女峰」。どちらもかつての東西横綱品種です。また父親の「栃の峰」は、「女峰」や「麗紅」などの血を引いていて大果で甘いイチゴだそうです。

とちおとめの見分け方(選び方)

とちおとめ

とちおとめは鮮やかな赤色をしています。そのため着色の割合が少ないものは避けましょう。基本的には果実が大きくて円錐形のものが良品です。ただ、自宅用としてなら形にこだわる必要はありません。小粒でも甘くておいしいものもあります。

とちおとめの保存方法

買ってきたら冷蔵庫の野菜室で保存し、できるだけその日か翌日には食べるようにしましょう。とちおとめの果肉は比較的かためなので、日持ちしそうにも見えますが、保存期間はほかのイチゴと大差ありません。

とちおとめの食べ方

とちおとめ

甘さと適度な酸味、そして心地よい香気を持つとちおとめは、そのまま食べるのが一番です。甘さが足りないときは練乳やチョコレートなどをつけて食べてもよいでしょう。

とちおとめならではの甘味と香りを生かし、ケーキ作りやお菓子作りに使用するのもおすすめです。果肉が淡い赤色なので断面がきれいな色合いに仕上がりになります。

鮮度長持ちのツル付きイチゴ

イチゴの中には長いツル付きの状態で売られていることがあります。ツル付きだと果実に触れずに収穫・出荷するできるため、傷がつきにくく鮮度がより保てるというメリットがあります。茨城県のJAひたちなかでは、ツル付きのイチゴを「バインベリー」の商標名で出荷していますが、品種はとちおとめだそうです(2013年現在)。

とちおとめの旬(出回り時期)

11月頃に出始め、6月頃まで出回ります。最も多く出回るのは栃木県産で、そのほか茨城県産や愛知県産のとちおとめも出荷されています。

参考:東京都中央卸売市場

関連リンク 果物ブログ

とちおとめ

近年、いろいろないちごの新品種が誕生していますが、栃木県の「とちおとめ」のシェアはまだまだ高く、青果コーナ……続きを読む

果物狩り

いちご狩り

果物狩り

全国の果物狩りができる農園を紹介するコーナーです。いちご狩りが楽しめる農園はこちら

果物写真

とちおとめの写真

果物写真

現在とちおとめの写真を45枚掲載中です