李王 スモモ(プラム)

種類/品種/ブランドなどの詳細ページ

  • 李王

    李王

  • 李王

    李王

基礎データ DATA

李王の特徴

李王

「李王(りおう)」は、山梨県の深沢渉氏が「大石早生」と「ソルダム」を交配して育成し、1990年(平成2年)に登録した品種です。

果実は90~120gほどの重さでやや大きく、熟すと果皮の色は紅色~赤紫色になります。果肉は淡黄色で、切り口から果汁が滴るほどのみずみずしさが特徴です。果肉は緻密でやわらかく、甘味が強くて酸味はおだやか。また甘い芳香があり、豊かな風味を味わうことができます。

李王は7月上旬頃から出回りますが、収穫期間は短め。生産量もそれほど多くないので、主産地の山梨県や近隣地域以外ではなかなか見られない品種です。

李王の選び方(見分け方)

李王はやや黄色みが残っている頃に収穫されることもありますが、完熟すると濃い紅色に染まるので、なるべく全体が赤いものがよいでしょう。また、ふっくらと丸味があり、果皮に張りを感じるものがおすすめです。

果皮に付着している白い粉は「ブルーム(果粉)」です。水分保持などの役割を持ち、収穫直後のものには多くついているので鮮度の目安になります。

李王の保存方法

果皮が黄色っぽくてかたさを感じる場合は、少し常温で保存して追熟させましょう。新聞紙などで包みポリ袋に入れ、涼しい場所に置いておきます。

弾力が出てきたり、甘い香りが漂ってきたら冷蔵庫の野菜室に入れて保存し、早めに消費します。

李王の食べ方

李王

李王は皮ごと食べられます。水洗いしてそのまま食べるほか、くし形にカットして食べてもよいでしょう。皮の付近が酸っぱかったり、皮の口当たりが気になるようなら、むいてから食べます。

カットする場合は、縦にぐるりと一周切れ目を入れ、果実を左右にねじるようにして2つに分けます。ただし李王は水分が多い品種なので、果肉がやわらかいとつぶれてしまうので気をつけてください。

量が多い場合はジャムやジュースにしたり、冷凍してシャーベットのように食べるほか、スムージーにしてもよいでしょう。

李王の旬(出回り時期)

李王の収穫が始まるのは7月上旬頃からです。

李王の主な産地

出典:農林水産省統計

李王の作付面積のトップは青森県です。作付面積は約2ヘクタールで、全体の約50%を占めています。2位は約1ヘクタールの山梨県。全体の約25%でこちらも20%以上を占めています。3位は約1ヘクタールの和歌山県です。

関連リンク 果物ブログ

李王

李王は「大石中生」×「ソルダム」から誕生し1990年に登録された品種です。初めて食べたのですが、完熟してい……続きを読む

果物狩り

スモモ狩り

果物狩り

全国の果物狩りができる農園を紹介するコーナーです。スモモ狩りが楽しめる農園はこちら

果物写真

李王の写真

果物写真

現在李王の写真を7枚掲載中です