カクテルフルーツ カンキツ類

種類/品種/ブランドなどの詳細ページ

  • カクテルフルーツ

    カクテルフルーツ

  • カクテルフルーツ

    カクテルフルーツ

  • カクテルフルーツ

    カクテルフルーツ

  • カクテルフルーツ

    カクテルフルーツ

基礎データ DATA

  • 親の組み合わせ:「ポメロ(シャムスウィート)」×「マンダリン」
  • 生い立ち:アメリカ生まれ

カクテルフルーツの特徴

カクテルフルーツ

「カクテルフルーツ」は、「ポメロ」と「マンダリン」の交雑種で、アメリカのカリフォルニア大学で育成されました。見た目がグレープフルーツに似ていることから「カクテルグレープフルーツ」とも呼ばれます。

皮は濃い黄色~黄緑色で、サイズは300g前後。果汁が豊富で酸味は少なく、甘くてさっぱりした味わいです。種は多めですがブンタンのような苦味はなく、食味は優れています。

ちなみに親の「ポメロ(シャムスウィート)」は、「オロブロンコ(スウィーティー)」の親でもあります。

カクテルフルーツの見分け方(選び方)

カクテルフルーツ

皮にツヤと張りがあり、ずっしりと重量感のあるものを選びましょう。みずみずしさが感じられないものは避けたほうが無難です。なお、時期によっては皮の色が緑がかっていますが、緑色が濃いからといって特に酸味が強いというわけではなく、完熟していれば甘みがあります。

カクテルフルーツの保存方法

風通しのよい冷暗所で保存します。暖房や直射日光が当たらないように気を付けてください。日持ちは状態にもよりますが、1週間~2週間くらいが目安です。

カクテルフルーツの食べ方

手でむけます 袋(薄皮)をむいて食べます

「カクテルフルーツ」は皮が薄めなので、手でむくことも可能です。じょうのう膜(薄皮)は厚いので、はっさくなどのように袋をむいて果肉だけを食べましょう。

カットする場合は、オレンジのようにスマイルカットにしたり、グレープフルーツのように半分にカットしてスプーンですくって食べます。

生食だけでなくゼリーやシロップ漬け、ケーキのトッピングなどにもおすすめです。

なお、輸入品の柑橘類は防カビ剤が使われていることがあります。気になる場合はよく洗ってから皮をむき、手を洗ってから食べるとよいでしょう。

カクテルフルーツの旬(出回り時期)

カリフォルニア産のものが11月~2月頃に出回ります。12月頃までは果皮が緑色のものが多いようです。

関連リンク 果物ブログ

カクテルフルーツ

ポメロとマンダリンから誕生したカクテルフルーツ。今回初めて食べたのですが、この柑橘は古いわけでもないのに果……続きを読む

果物狩り

柑橘狩り

果物狩り

全国の果物狩りができる農園を紹介するコーナーです。柑橘狩りが楽しめる農園はこちら

果物写真

カクテルフルーツの写真

果物写真

現在カクテルフルーツの写真を7枚掲載中です