マルゲリット・マリーラ 西洋ナシ(西洋梨)

種類/品種/ブランドなどの詳細ページ

  • マルゲリット・マリーラ

    マルゲリット・マリーラ

  • マルゲリット・マリーラ

    マルゲリット・マリーラ

  • マルゲリット・マリーラ

    マルゲリット・マリーラ

基礎データ DATA

マルゲリット・マリーラの特徴

マルゲリット・マリーラ

「マルゲリット・マリーラ(Marguerite marillat)」は1874年にフランスで発見された西洋梨です。品種名は発見者のマリーラ氏の名前に由来するとのこと。日本に伝わったのは1913年(大正2年)。ベルギーから導入したそうです。

黄緑色の果実は500~600gと大玉で、中には1kg近くにもなるものもあります。果皮は熟すにつれて黄緑色から黄色になり、果肉は多汁でソフトな食感。ほどよい甘みとやさしい酸味があり、心地よい香りも楽しめます。

ちなみにマルゲリット・マリーラは「オーロラ」の親品種でもあります。

マルゲリット・マリーラの見分け方(選び方)

マルゲリット・マリーラ

ふっくらとして重みもあるものがよいでしょう。マルゲリット・マリーラは熟すと果皮が黄色くなってくるので、すぐに食べるなら黄色くなったものがおすすめです。

果皮にキズがあると、そこから傷んでくるので要注意。皮に褐色のサビが付いていることもありますが、あまり気にしなくてもよいでしょう。

マルゲリット・マリーラの保存方法

果皮が緑色のものは、直射日光の当たらない所(15~20度くらいが目安)に置いて追熟させます。乾燥しないように新聞紙やポリ袋などで包んでおきましょう。果皮が黄色くなって香りが出てきたら冷蔵庫の野菜室で保存します。

マルゲリット・マリーラの食べ方

4等分にカットして皮をむき、りんごのように芯を取って食べるとよいでしょう。マルゲリット・マリーラはサイズが大きめなので、さらに半分に切って8等分にしたほうが食べやすいかもしれません。

1度に食べきれない場合は、残りをラップで包んで冷蔵庫に入れておき、早めに食べるようにしてください。

コンポートやジャムにも利用できます。また熟したものを適当な大きさにカットしてラップに包んで冷凍してもOK。スムージーやシャーベットなどにしても楽しめます。

マルゲリット・マリーラの旬(出回り時期)

ルゲリット・マリーラの出回り時期は9月下旬頃から10月頃です。

マルゲリット・マリーラの主な産地

出典:農林水産省統計

マルゲリット・マリーラの作付面積のトップは山形県です。作付面積は約22.1ヘクタールで、全体の約43%を占めています。2位は約8.2ヘクタールの北海道。3位は約7.1ヘクタールの青森県です。

関連リンク 果物ブログ

マルゲリット・マリーラ

これは少し前に食べた西洋梨の「マルゲリット・マリーラ」です。果皮が黄色~黄緑色をしていてサイズが500g程……続きを読む

果物狩り

西洋ナシ狩り

果物狩り

全国の果物狩りができる農園を紹介するコーナーです。西洋ナシ狩りが楽しめる農園はこちら

果物写真

マルゲリット・マリーラの写真

果物写真

現在マルゲリット・マリーラの写真を19枚掲載中です