ロザリオ・ビアンコ ブドウ(葡萄)

種類/品種/ブランドなどの詳細ページ

  • ロザリオ・ビアンコ

    ロザリオ・ビアンコ

  • ロザリオ・ビアンコ

    ロザリオ・ビアンコ

  • ロザリオ・ビアンコ

    ロザリオ・ビアンコ

  • ロザリオ・ビアンコ

    ロザリオ・ビアンコ

基礎データ DATA

ロザリオ・ビアンコの特徴

ロザリオ・ビアンコ

「ロザリオ・ビアンコ」は山梨県の植原葡萄研究所で育成された品種で、親は「ロザキ」と「マスカット・オブ・アレキサンドリア」。品種登録されたのは1987年(昭和62年)です。

皮の色は緑黄色で、完熟すると黄色みがかります。1房のサイズは400~600gくらい。粒は楕円形で、重さは10~13gほどと大粒です。糖度が高くて甘みが強く、酸味は控えめ。香りはあまりありませんが、果汁が豊富でジューシーな食感です。皮は薄いので皮ごと食べることもできます。

親のロザキは日本ではあまり見かけませんが、甘く優れた食味でヨーロッパでは主要品種だそうです。マスカット・オブ・アレキサンドリアとともに優良品種を両親に持つロザリオ・ビアンコはサラブレッドといえるでしょう。

ロザリオ・ビアンコの見分け方(選び方)

ロザリオ・ビアンコ

皮に張りがあり、粒がふっくらとしてみずみずしいものがおすすめです。また、軸が緑色で、皮に白い果粉(ブルーム)が付いているかもチェック。収穫してから日が経っているものは、軸が茶色くなり、果粉が落ちてしまっています。

ロザリオ・ビアンコの保存方法

新聞紙やラップ、ポリ袋などで乾燥を防止し、冷暗所または冷蔵庫の野菜室で保存します。あまり日持ちしないので、早めに食べましょう。量が多いときは冷凍保存も可能です。

ロザリオ・ビアンコの食べ方

ロザリオ・ビアンコは皮ごと食べられるぶどうですが、皮の食感が気になる場合は皮をむいて食べるとよいでしょう。食べる前に軸ごと水洗いすればOKです。基本的に種は入っています。

粒が大きく色もきれいなので、タルトやケーキにのせたり、パフェやゼリーなどに使ってもよいでしょう。ジュースにしたり、冷凍してシャーベット風に楽しむのもおすすめです。

皮が赤い「ロザリオ・ロッソ」

ロザリオ・ロッソ

名前に「ロザリオ」と名前が付くぶどうには、ロザリオ・ビアンコのほかに「ロザリオ・ロッソ」という品種もあります。これは親が「ロザリオ・ビアンコ」×「ルビーオクヤマ」で、果皮は鮮やかな紅色。山梨県の植原葡萄研究所で育成されました。風味はロザリオ・ビアンコに似ていて、果汁が多く甘いブドウです。ちなみにビアンコはイタリア語で「白」、ロッソは「赤」という意味です。

ロザリオ・ビアンコの旬(出回り時期)

ロザリオ・ビアンコは9月上旬頃から出荷されます。

ロザリオ・ビアンコの主な産地

出典:農林水産省統計

ロザリオ・ビアンコの作付面積のトップは山梨県です。作付面積は約54.1ヘクタールで、全体の約34%を占めています。2位は約39ヘクタールの長野県。全体の約25%でこちらも20%以上を占めています。3位は約16ヘクタールの山形県です。

関連リンク 果物ブログ

ロザリオ・ロッソ

これは山梨県生まれの赤ブドウ「ロザリオ・ロッソ」です。皮が緑色の「ロザリオ・ビアンコ」はスーパーなどでよく……続きを読む

果物狩り

ブドウ狩り

果物狩り

全国の果物狩りができる農園を紹介するコーナーです。ブドウ狩りが楽しめる農園はこちら

果物写真

ロザリオ・ビアンコの写真

果物写真

現在ロザリオ・ビアンコの写真を18枚掲載中です