オーロラ(Aurora) 西洋ナシ(西洋梨)

種類/品種/ブランドなどの詳細ページ

  • オーロラ

    オーロラ

  • オーロラ

    オーロラ

  • オーロラ

    オーロラ

  • オーロラ

    オーロラ

基礎データ DATA

オーロラの特徴

オーロラ

オーロラは「マルゲリット・マリーラ」と「バートレット」を掛け合わせて生まれた品種です。アメリカのニューヨーク州立農業試験場で育成され、1964年に命名されました。日本に導入されたのは1983年(昭和58年)とのことです。

サイズは300~400gくらいと大きめで、全体に茶色いサビが付きやすく、見た目は褐色をしています。サビの隙間から見える果皮の色は、未熟なうちは黄緑色で、熟すと黄色みがかるのが特徴です。

甘みの中にさわやかな酸味があり、緻密な果肉は果汁が豊富でとろけるような食感。完熟すると甘い香りが出て豊かな風味を感じられます。

オーロラの見分け方(選び方)

オーロラ

オーロラは全体がサビで茶色っぽくなるため。果皮の色の変化が少しわかりにくいですが、地色が緑色のものはまだ完熟はしていません。すぐに食べたい場合は、地色が黄色くなったものを選びましょう。熟すと甘い香りがします。

果皮にキズがあると、そこから傷んでくるので気を付けてください。

オーロラの保存方法

完熟しているものはポリ袋に入れるなどして冷蔵庫の野菜室へ。まだ熟していないものは新聞紙などで包んで涼しい場所(15~20度くらいが目安)で保存します。追熟が進むと果皮が黄色みを帯びてきます。

早く追熟させたい場合は、りんごと一緒にポリ袋に入れておくとよいでしょう。りんごが発するエチレンガスで追熟が促されます。

オーロラの食べ方

りんごや梨のようにカットすると食べやすいです。4等分に切って芯を落とし皮をむきましょう。西洋梨はおやつにも食後のデザートにもおすすめです。

またスムージーやジャム、ケーキのトッピングなどにも適しています。冷凍するとシャーベットとしても楽しめます。

オーロラの旬(出回り時期)

オーロラは9月中旬頃から出回ります。

オーロラの主な産地

出典:農林水産省統計

オーロラの作付面積のトップは山形県です。作付面積は約33.9ヘクタールで、全体の半分以上の割合を占めています。2位は約11.2ヘクタールの北海道。全体の約19%でこちらも20%以上を占めています。3位は約6.7ヘクタールの長野県です。

果物狩り

西洋ナシ狩り

果物狩り

全国の果物狩りができる農園を紹介するコーナーです。西洋ナシ狩りが楽しめる農園はこちら

果物写真

オーロラの写真

果物写真

現在オーロラの写真を13枚掲載中です