千秋(せんしゅう) リンゴ(林檎)

種類/品種/ブランドなどの詳細ページ

  • 千秋

    千秋

  • 千秋

    千秋

  • 千秋

    千秋

基礎データ DATA

千秋の特徴

千秋

「千秋(せんしゅう)」は秋田県生まれのりんごで、親は「東光」と「ふじ」です。1966年(昭和41年)に秋田県果樹試験場で交雑し、選抜・育成して1978年(昭和53年)に命名。1980年(昭和55年)に品種登録されました。千秋という名前は秋田市の「千秋公園」が由来といわれています。

千秋は円形でサイズは250gくらいと小さめ。果肉は緻密でかたく食感はパリッとしています。甘味の中に適度な酸味があり、果汁をたっぷり含んでいて風味のよいりんごです。

ちなみに千秋は「秋映」や「美希ライフ」「きおう」などの親でもあります。

千秋の見分け方(選び方)

千秋

果皮が赤色に着色していて、持ったときに重みの感じるものを選ぶとよいでしょう。果皮に張りがあるかどうかも要チェックです。

また、千秋は表面がベタついた感じのものもありますが、これは完熟していて十分に甘いという目安でもあります。りんごの中には熟すと表面にろう物質が分泌されるものがあり、千秋もその1つで、果皮がベタベタしていても問題ありません。

千秋の保存方法

そのまま置いておくと乾燥して食味が悪くなるので、新聞紙などで包んでからポリ袋に入れて、冷蔵庫の野菜室や温度の低い冷暗所で保存しましょう。

量が多い場合は、なるべく1玉ずつ新聞紙に包んでおくと、お互いのエチレンによる影響を抑えることができます。

千秋の食べ方

千秋

皮をむいたほうが口当たりがよいですが、りんごは皮の部分にもポリフェノールや食物繊維皮などの栄養が多く含まれています。そのため、なるべく皮ごと食べるとよいでしょう。千秋は比較的小玉なので、ちょっとしたおやつにも最適です。

鮮度が落ちてやわらかくなったものはバナナなどと一緒にスムージーにしたり、砂糖で煮込んでジャムやコンポートにするとよいでしょう。コンポートを冷やしてシナモンをかけるとおいしいデザートになります。

千秋の旬(出回り時期)

千秋の旬は9月頃から11月頃まで。10月頃が出荷の最盛期です。

参考:東京都中央卸売市場

千秋の主な産地

出典:農林水産省統計

千秋の作付面積のトップは青森県です。作付面積は約90.4ヘクタールで、全体の半分以上の割合を占めています。2位は約19.8ヘクタールの山形県。3位は約14.1ヘクタールの秋田県です。

栽培面積・収穫高の推移

出典:農林水産省統計

この統計データは年代が古いのでご注意ください。

関連リンク 果物ブログ

千秋(せんしゅう)

10月が旬のりんご「千秋(せんしゅう)」を食べました。千秋は1980年に品種登録された品種で、親は「東光」……続きを読む

果物狩り

リンゴ狩り

果物狩り

全国の果物狩りができる農園を紹介するコーナーです。リンゴ狩りが楽しめる農園はこちら

果物写真

千秋(せんしゅう)の写真

果物写真

現在千秋(せんしゅう)の写真を28枚掲載中です