一宮白桃 モモ(桃)

種類/品種/ブランドなどの詳細ページ

  • 一宮白桃

    一宮白桃

基礎データ DATA

一宮白桃の特徴

一宮白桃

「一宮白桃(いちのみやはくとう)」は山梨県の一宮町で生まれた桃です。詳しい来歴はわかっていませんが、一宮町の農家で発見・育成されたことから、この名前が付けられたといわれます。

市場に出回るのは8月上旬からとやや遅め。果実は300~350gほどと大きく、果肉は緻密で締まっています。また果汁を豊富に含んでいて口当たりがよく、糖度は高くて酸味はおだやか。ジューシーでしっかりとした甘さを感じることができます。

一宮白桃の見分け方(選び方)

一宮白桃

果皮に張りがあり、なるべく濃い赤色に染まっているものがよいでしょう。また、割れ目(縫合線)を中心に見て左右のバランスが取れていて、重量感のあるものがおすすめです。

一宮白桃の保存方法

かたさがあるものは新聞紙などで包んで常温で保存。直射日光を避け、エアコンや扇風機の風があたらない冷暗所に置いておきます。果肉がやわらかいものは、さらにポリ袋に入れてから冷蔵庫の野菜室に入れ、なるべく早めに食べましょう。

一宮白桃の食べ方

一宮白桃

普通に皮をむいてもよいですが、一宮白桃はややかためなので、アボカドのように半分にカットしてから皮をむいてもよいでしょう。果実の割れ目に沿って、ナイフを種に届くように入れて一周します。あとは両手で桃を左右にひねると、二つに簡単に分かれます(※熟しすぎているとひねる際に果実がつぶれてしまうので、その場合は普通にカットしましょう)。

片方には種がついているので、スプーンなどですくって取り除き、それぞれ皮をむいてカットします。ヘタ側よりもお尻側のほうが甘味が強いので、縦にくし形にカットするのがおすすめです。

一宮白桃の旬(出回り時期)

一宮白桃が出荷されるのは8月上旬頃からです。

一宮白桃の主な産地

出典:農林水産省統計

一宮白桃の作付面積のトップは山梨県です。作付面積は約122ヘクタールで、9割以上が山梨県で栽培されています。2位は約2ヘクタールの和歌山県。一宮白桃の作付面積に関しては、この2つの地域だけが公表されています。

関連リンク 果物ブログ

一宮白桃

直売所で購入した「一宮白桃」を食べました。果皮が白いのでお店の方に尋ねてみると、袋がけをしたものだそうです……続きを読む

果物狩り

桃狩り

果物狩り

全国の果物狩りができる農園を紹介するコーナーです。桃狩りが楽しめる農園はこちら

果物写真

一宮白桃の写真

果物写真

現在一宮白桃の写真を14枚掲載中です