ネオ・マスカット ブドウ(葡萄)

種類/品種/ブランドなどの詳細ページ

  • ネオマスカット

    ネオマスカット

  • ネオマスカット

    ネオマスカット

  • ネオマスカット

    ネオマスカット

  • ネオマスカット(未熟)

    ネオマスカット(未熟)

基礎データ DATA

ネオ・マスカットの特徴

ネオマスカット

「ネオ・マスカット」は「マスカット・オブ・アレキサンドリア(以下、アレキサンドリア)」と「甲州三尺」の掛け合わせから誕生した品種です。岡山県の広田氏が育成し、1932年(昭和7年)に発表されました。

粒の重さは10g前後で、果皮はきれいな緑黄色。酸味は少なめで上品な甘さが特徴です。1房は350~450gくらいとアレキサンドリアに比べると少し小さめ。香りや風味はアレキサンドリアに似ていて、ワインにも利用されています

アレキサンドリアよりも栽培がしやすく、同じマスカットでもネオ・マスカットのほうが手頃な価格で購入できます。

ちなみに人気品種の「甲斐路」や「瀬戸ジャイアンツ(桃太郎ぶどう)」の親でもあります。

ネオ・マスカットの見分け方(選び方)

ネオマスカット

粒ぞろいがよく、皮に張りがあってみずみずしいもの。また軸が緑色で、皮に白い粉(ブルーム)が付いているものがおすすめです。軸が枯れて茶色くなっているものは鮮度が落ちているので避けたほうが無難です。

ネオ・マスカットは完熟すると黄色みがかってくるので、この点も確認しましょう。

ネオ・マスカットの保存方法

直射日光などを避けて、冷暗所か冷蔵庫の野菜室で保存します。乾燥しないようにラップや新聞紙で包むか、ポリ袋に入れておきましょう。あまり日持ちしないので、なるべく早めに食べてください。

ネオ・マスカットの食べ方

食べる2~3時間前に冷やすのがおすすめ。食べる直前に軸ごと水洗いしましょう。

ネオ・マスカットはデラウエアのように指で果肉を押し出して食べることができます。ただ基本的に種はあるので、噛まないように注意してください。

香りがよく色もきれいなので、ケーキやタルトなどに利用してもよいでしょう。

ネオ・マスカットの旬(出回り時期)

ネオ・マスカットは7月頃から出回りはじめ、9月に出荷のピークを迎えます。

参考:東京都中央卸売市場

ネオ・マスカットの主な産地

出典:農林水産省統計

ネオ・マスカットの作付面積のトップは山梨県です。作付面積は約17.7ヘクタールで、全体の半分以上の割合を占めています。2位は約3.6ヘクタールの山形県。3位は約3.5ヘクタールの新潟県です。

栽培面積・収穫高の推移

出典:農林水産省統計

この統計データは年代が古いのでご注意ください。

関連リンク 果物ブログ

ネオマスカット

久しぶりに「ネオマスカット」を食べました。ネオマスカットはマスカット系ぶどうの中では比較的価格がお手頃なの……続きを読む

果物狩り

ブドウ狩り

果物狩り

全国の果物狩りができる農園を紹介するコーナーです。ブドウ狩りが楽しめる農園はこちら

果物写真

ネオ・マスカットの写真

果物写真

現在ネオ・マスカットの写真を14枚掲載中です