翠峰(すいほう) ブドウ(葡萄)

種類/品種/ブランドなどの詳細ページ

  • 翠峰

    翠峰

基礎データ DATA

翠峰(すいほう)の特徴

翠峰

「翠峰(すいほう)」は、1996年(平成8年)に品種登録された大粒の緑系ぶどうです。親は「ピオーネ」と「センテニアル」で、福岡県農業総合試験場の園芸研究所で育成されました。

翠峰の果皮はきれいな黄緑色をしていて粒は楕円形。1粒は13~20gくらいと大きく果汁が豊富で、甘くてほどよい酸味もあり上品な風味が楽しめます。皮が薄く基本的に種なしなので、丸ごと食べられるのも魅力です。

ちなみに翠峰の種子親のピオーネは黒ぶどうですが、花粉親のセンテニアルは果皮が黄緑色。このセンテニアルは巨峰の花粉親でもあります。また、両親が同じ「ピオーネ」×「センテニアル」の組み合わせで誕生した品種には、食味のよい黒ぶどうの「高妻(たかつま)」があります。

翠峰(すいほう)の見分け方(選び方)

翠峰

軸が枯れておらず、果皮に張りがあってきれいな黄緑色をしているものがよいでしょう。果皮に白い粉(ブルーム)が付いているものは鮮度のよい証拠です。この粉は水分の蒸発を防ぐ働きがあります。

翠峰(すいほう)の保存方法

新聞紙やラップ、ポリ袋などで乾燥しないように房ごと包み、冷暗所または冷蔵庫の野菜室で保存します。鮮度のよいものは数日持ちますが、なるべく早く食べましょう。

1粒ずつ軸を残すようにハサミでカットして、保存用袋などに入れて冷蔵しておく保存方法もおすすめです。

翠峰(すいほう)の食べ方

翠峰は皮が薄いので皮ごと食べることができます。もちろん気になる場合は皮をむいて食べてもOK。基本的に種が入らないように栽培されているので食べやすいです。

翠峰(すいほう)の旬(出回り時期)

翠峰は8月下旬から9月中旬が熟期で、8月頃から10月中旬頃まで収穫されます。

翠峰(すいほう)の主な産地

出典:農林水産省統計

翠峰(すいほう)の作付面積のトップは岡山県です。作付面積は約11ヘクタールで、全体の約44%を占めています。2位は約4.2ヘクタールの山梨県。3位は約4ヘクタールの長野県です。

果物狩り

ブドウ狩り

果物狩り

全国の果物狩りができる農園を紹介するコーナーです。ブドウ狩りが楽しめる農園はこちら

果物写真

翠峰(すいほう)の写真

果物写真

現在翠峰(すいほう)の写真を4枚掲載中です