陽光 リンゴ(林檎)

種類/品種/ブランドなどの詳細ページ

  • 陽光

    陽光

  • 陽光

    陽光

  • 陽光

    陽光

  • 陽光

    陽光

  • 陽光

    陽光

基礎データ DATA

陽光の特徴

陽光

「陽光(ようこう)」は群馬県生まれのりんごです。群馬県園芸試験場において「ゴールデンデリシャス」の自然交雑実生を選抜・育成し、1981年(昭和56年)に品種登録されました。

サイズは300~350gと大きめで、果皮はきれいな赤色。甘味が強くてほどよい酸味があり、果肉はややかためで食味のよいりんごです。

陽光はおもに群馬県で栽培されていて、出回るのは10月中旬頃から。「早生ふじ」や「シナノスイート」「千秋」などと同じく、11月下旬頃にはシーズンを終えます。

陽光の見分け方(選び方)

陽光

果皮が赤く染まっていて、持ったときに重みの感じるものがおすすめです。完熟しているかどうかは、お尻の部分をチェックしてみましょう。お尻の部分が黄みがかったものは熟していて、緑色のものは少し未熟な場合があります。

陽光の保存方法

温度の低い冷暗所や冷蔵庫の野菜室で保存します。その際、新聞紙などで包んでからポリ袋に入れておくのがポイントです。こうすることで乾燥を防ぎ、エチレンの放出も抑えられます。

陽光は日持ちが悪いほうではありませんが、状態によっては酸味が抜けたりやわらかくなって食味が落ちることがあるので、なるべく早めに食べましょう。

陽光の食べ方

陽光

栄養面を考えると皮ごと食べるのがおすすめです。皮の部分には食物繊維やポリフェノールが多く含まれています。生食でシャキシャキ感と甘味を味わいましょう。

食味が落ちてしまった場合は、砂糖を加えて煮込んでコンポートにしたりジャムにしてもよいでしょう。バナナなどと一緒にスムージーにしても美味です。ジャムを作るときはレモン汁を加えるのがポイントです。レモンによって酸味ととろみがでます。

陽光の旬(出回り時期)

陽光の旬は10月頃で、そのままピークを迎えて11月頃まで出回ります。

参考:東京都中央卸売市場

陽光の主な産地

出典:農林水産省統計

陽光の作付面積のトップは群馬県です。作付面積は約67.2ヘクタールで、全体の約34%を占めています。2位は約33.9ヘクタールの福島県。全体の約17%でこちらも20%以上を占めています。3位は約32.5ヘクタールの長野県です。

関連リンク 果物ブログ

陽光

前回の「ぐんま名月」に引き続き、同じく群馬県生まれの「陽光」を食べました。陽光は熟すと果皮が光沢のあるきれ……続きを読む

果物狩り

リンゴ狩り

果物狩り

全国の果物狩りができる農園を紹介するコーナーです。リンゴ狩りが楽しめる農園はこちら

果物写真

陽光の写真

果物写真

現在陽光の写真を23枚掲載中です