ひめのつき カンキツ類

種類/品種/ブランドなどの詳細ページ

  • ひめのつき

    ひめのつき

  • ひめのつき

    ひめのつき

  • ひめのつき

    ひめのつき

  • ひめのつき

    ひめのつき

  • ひめのつき

    ひめのつき

基礎データ DATA

ひめのつきの特徴

ひめのつき

「ひめのつき」はJA全農えひめが「アンコール」と「日向夏」を掛け合わせて育成した品種です。2006年(平成18年)に品種登録されました。

果皮が黄橙色で、さわやかな香気があり、酸味は少なめ。アンコールの持つ濃厚な甘みと、日向夏のさわやかな風味をバランスよく受け継いでいて、まろやかでスッキリとした甘みが楽しめます。サイズは温州みかんより大きめで150~200gくらいです。

ひめのつきの見分け方(選び方)

ひめのつき

皮が明るい黄橙色で張りがあり、シワやくすみのないもの。また香りがよく、持ったときに重量感のあるものを選びましょう。水分が抜けて軽いものは、果肉がスカスカしている可能性があります。

ひめのつきの保存方法

直射日光を避けて風通しのよい冷暗所で保存します。1週間くらいは持ちますが、鮮度のよいうちにおいしく食べてしまいましょう。冷蔵保存する場合は、乾燥しないようポリ袋に入れて野菜室へ入れます。

ひめのつきの食べ方

手でむけます 袋(薄皮)ごと食べられます

ひめのつきは皮がやや厚めですが、手でむくことができます。じょうのう膜(薄皮)も比較的薄いので袋ごと食べられますが、気になる場合は袋をむいて果肉だけを食べるとよいでしょう。種はやや多めです。

ケーキやタルトにのせたり、ジャム(マーマレード)やゼリーなどに使用してもよいでしょう。

ひめのつきの旬(出回り時期)

ひめのつきは2月から3月頃がシーズン。愛媛県で栽培されています。

各地の年間収穫量 ひめのつき

出典:農林水産省統計

ひめのつきは愛媛県で栽培されています(愛媛県以外の統計データはありません)。2014年の収穫量は約185トンとなっています。

栽培面積・収穫高の推移

出典:農林水産省統計

2014年のひめのつきの栽培面積は約30ヘクタール。収穫量は約185トンで、出荷量は約170トンです。

関連リンク 果物ブログ

ひめのつき

先日、果物売り場で「ひめのつき」を見つけたので購入してみました。これは「アンコール」×「日向夏」の交配種で……続きを読む

果物狩り

柑橘狩り

果物狩り

全国の果物狩りができる農園を紹介するコーナーです。柑橘狩りが楽しめる農園はこちら

果物写真

ひめのつきの写真

果物写真

現在ひめのつきの写真を14枚掲載中です