シルバーベル(Silver Bell) 西洋ナシ(西洋梨)

種類/品種/ブランドなどの詳細ページ

  • シルバーベル

    シルバーベル

  • シルバーベル

    シルバーベル

基礎データ DATA

シルバーベルの特徴

シルバーベル

シルバーベルは山形県生まれの西洋梨です。1957年(昭和32年)にラ・フランスの自然交雑実生を選抜して山形県の園芸試験場で育成されました。

重さが400~500gになる大玉で、ラ・フランスに比べて大きく縦長の形状をしています。黄緑色の果皮には茶色い果点が多く見られ、食べ頃になると全体が黄色みをおびます。

果肉はジューシーでなめらかな舌触り。糖度が高くてさわやかな酸味があり、特有の甘い香りも持ち風味豊かな味わいです。

シルバーベルの見分け方(選び方)

シルバーベル

シルバーベルは熟すと果皮が黄色くなります。緑色のものはまだ追熟が必要なので、食べる時期を考慮して選びましょう。軸にシワがよって、果実の肩の部分に触れてかすかにやわらかさを感じると食べ頃です。

皮に茶色い点々(果点)やサビが出ていることもありますが、これは特徴なので気にしなくても大丈夫です。ただしキズやぶつけたあとがあるものは傷みが早いので避けたほうがよいでしょう。

シルバーベルの保存方法

果皮が黄緑色でかたいものは、しばらく室温(15~20度くらいがおすすめ)で置いておきます。乾燥しないように新聞紙や紙袋などで包んでおきましょう。

果皮が黄色くなって香りが出てきたものは、ポリ袋に入れるなどして冷蔵庫の野菜室で冷やします。完熟したらなるべく早めに食べるようにしてください。

シルバーベルの食べ方

りんごのようにカットして食べるのがおすすめです。4等分にカットしてから皮をむくとよいでしょう。シルバーベルは大きいので、さらに半分に切って1/8サイズにすると食べやすくなります。

適度な酸味があるので、ジャムやシロップ漬けなどにも適しています。ケーキなどのデザートに利用してもよいでしょう。

シルバーベルの旬(出回り時期)

11月頃から出回り、1月頃まで出荷されます。

シルバーベルの主な産地

出典:農林水産省統計

シルバーベルの作付面積のトップは山形県です。作付面積は約26.3ヘクタールで、70%以上の割合を占めています。2位は約5.6ヘクタールの秋田県。3位は約2.1ヘクタールの岩手県です。

関連リンク 果物ブログ

シルバーベル

久しぶりに洋梨を食べました。今回食べたのは「シルバーベル」。これは12月頃に店頭に並ぶ晩生の品種で、ラ・フ……続きを読む

果物狩り

西洋ナシ狩り

果物狩り

全国の果物狩りができる農園を紹介するコーナーです。西洋ナシ狩りが楽しめる農園はこちら

果物写真

シルバーベルの写真

果物写真

現在シルバーベルの写真を8枚掲載中です